国民新党代表の亀井静香郵政改革・金融相は17日午前、首相官邸で鳩山由紀夫首相と会談し、「国民生活が痛んでいる」として、参院で審議中の平成22年度予算案が成立した後、早期に追加経済対策を含む補正予算案編成を検討すべきだと要請した。亀井氏によると、首相とは「予算成立を機に経済の思い切ったテコ入れをしないといけない」との認識で一致した。

 国民新党は7兆円規模の党独自の景気対策案を検討している。

【関連記事】
イメージ悪い? 「不良債権」の呼び方変えたい…亀井金融相
亀井氏でも郵政ファミリー企業は「必要なければ切る」
亀井氏「思い切って金を」 参院選前の経済対策主張
「郵政改革法案、早期提出」 亀井郵政改革担当相
「反対されてもやる」報酬1億円以上の役員名公表 亀井金融相
20年後、日本はありますか?

「政治とカネ」に危機感=成果自負も-政権半年で閣僚(時事通信)
<久慈市長選>山内隆文氏が再選 岩手(毎日新聞)
中3が車暴走、警察車両に衝突(スポーツ報知)
文京区長が育休取得へ=首長初、第1子誕生受け4月に(時事通信)
キャリアアップシステムの導入で報告会―全老健(医療介護CBニュース)
AD