集団予防接種の注射器使い回しが感染原因として国を訴えているB型肝炎訴訟の原告団からは、薬害エイズ事件への対応で名をはせた菅直人氏が新首相になったことで、早期解決を期待する声が上がった。
 この日、九州訴訟の弁論後に記者会見した全国原告団代表の谷口三枝子さん(60)は「薬害エイズ問題を糾明している新首相に期待せずにはいられない。(これまで)期待しては失望してきたけど、裏切らないでほしい」と訴えた。
 全国10地裁で起こされた集団訴訟は先月、札幌、福岡両地裁で和解協議入りしたが、国から具体的な和解案などの提示はなく、原告側は「解決の先延ばし」と批判していた。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設~鳩山首相が退陣~
鳩山首相が漏らしていた「辞意」
〔写真特集〕鳩山首相、苦悩の1カ月
欧州債務危機拡大を警戒=4日からG20財務相会合
日銀理事に雨宮氏=企画局長には櫛田氏-3日付

<殺人未遂>男に突然切られ店長重傷 東大阪の中古車販売店(毎日新聞)
スカート盗撮行為、大阪市職員を逮捕(産経新聞)
中畑氏、初街頭演説で「巨人監督の芽なくて政界へ」(スポーツ報知)
<湯飲み茶わん>菅首相も仲間入り 岐阜で製作急ピッチ(毎日新聞)
菅連立内閣が発足=参院選へ決意―首相就任会見(時事通信)
AD