6日午前9時30分ごろ、警察総合庁舎(東京都千代田区霞が関)8階の警視庁科学捜査研究所で、作業中にガラス製のフラスコが破裂し、男性研究員(52)が両腕にけがを負った。

 警視庁などによると、男性は証拠品の尿の内容物を調べるため、薬品をフラスコ内に混ぜたところ、突然破裂したという。同研究所が詳しい事故原因を調べている。

【関連記事】
コールドケース…追いつめた捜査官の執念
未解決事件を許すな 警視庁がチーム結成
「救助犬」を捜査に生かせ 広がる活動の幅
公訴時効の廃止 被害者遺族に配慮…「賛成」87%
【News解説】未熟な技術「知識ないまま信頼」
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

日中戦争めぐり首相「やられた方は覚えている」 (産経新聞)
風で車掌の帽子飛ぶ、拾ってる間に電車発車(読売新聞)
警察庁長官銃撃事件が時効=実行役特定できず-「被疑者不詳」書類送検へ・警視庁(時事通信)
高校無償化法 成立、4月1日から施行 朝鮮学校は先送り(毎日新聞)
特別背任容疑で告発のNOVA元社長、不起訴(読売新聞)
AD