大阪府和泉市府中町の和泉寺跡で、8世紀前半(飛鳥時代末-奈良時代前半)に泉南地域を治めた有力豪族「珎(ちぬの)縣(あがた)主(ぬし)」と記された瓦が発掘調査で見つかり、府教育委員会が25日、発表した。同寺は文献に記録がなく「幻の寺院」とされてきたが、今回の調査で地元豪族が建立した可能性が高まった。

 出土した瓦は縦37センチ、横17センチの破片。表面には「珎縣主廣足(ひろたり)作」の6文字が、くぎのような先端のとがったもので刻まれていた。珎縣主一族の「廣足」という人物が、瓦を寄進したことを示すという。

 珎縣主については、正倉院(奈良市)に保管されている正倉院文書で、奈良時代の天平9(737)年の税に関する記録に記されており、和泉国(現在の和泉市や堺市など)を統治した有力豪族とされている。

 和泉寺跡は現在の地形の状況から、220メートル四方の規模を持つ古代寺院と推定されているが、建物跡などは見つかっておらず、実態は不明だった。

 瓦は4月10日~5月9日、大阪府河南町の府立近つ飛鳥博物館で公開される。

【関連記事】
中大兄皇子と鎌足が出会った「槻の樹の広場」一部か、奈良・飛鳥寺西方遺跡
堺の遺跡調査会、報告書発行せず放置 市が謝罪
“幻”の八角九重塔の基礎が出土 京都・法勝寺跡
「信長の命令で廃絶」示す遺構出土 奈良・筒井城跡
弥生時代前期の雑穀種子が出土 徳島大構内の遺跡
あれから、15年 地下鉄サリン事件

カラーボール見事命中!コンビニ強盗すぐ逮捕(読売新聞)
報酬百万円…中国「即日偽装婚」ツアーの手口(読売新聞)
トイレ盗撮カメラ、仕掛ける自分の姿を撮影(読売新聞)
平成22年度予算24日に成立 民、自両党が本会議採決で合意(産経新聞)
山手線内回りも運転再開(時事通信)
AD