大分市内で20代の女性が男から性的暴行を受けてけがをする事件があり、大分県警が被害者の意向を酌み、裁判員裁判の対象となる強姦致傷容疑でなく強姦容疑で男を逮捕、送検していたことが9日、捜査関係者への取材で分かった。性犯罪の裁判員裁判では被害者のプライバシー保護が課題となっており、女性の意向が立件に影響した。

 県警によると、被害女性は昨年9月4日深夜、性的暴行を受け、軽傷を負った。県警は強姦致傷事件として捜査、同県杵築市相原の無職、半沢周二容疑者(37)=別の女性に対する強制わいせつ罪などで公判中=が浮上。しかし女性が「事件を知られたくない」と訴えたため、今月6日、裁判員裁判の対象にならない強姦容疑で逮捕した。容疑を認めているという。

 裁判員法により、最高刑が無期懲役の強姦致傷罪は裁判員裁判の対象となるが、強姦罪は3年以上の有期刑のため対象外となる。

【関連記事】
裁判員裁判は損? 勾留が長期化、1年で判決25%
専門家ですら…「責任能力」素人判断の難しさ 裁判員裁判
裁判員裁判の事前準備徹底を 手話通訳の手配ミスで最高裁
薬物事件「裁判員制度に向かない」 疑問相次ぐ
裁判員裁判 遺体写真「必要だった」と裁判員

日本の高校生「授業・宿題以外勉強しない」 米中韓に比べ突出(産経新聞)
「たちあがれ日本」参院選で10議席以上目標(読売新聞)
<飲酒運転>取消処分者の講習強化 今秋から(毎日新聞)
阿久根市 運営巡り議員怒鳴り合い…市議会特別委(毎日新聞)
岡部まりが「探偵ナイトスクープ」収録ドタキャン(産経新聞)
AD