ハイチのジャン・クロード・ボード駐日代理大使は14日、東京有楽町の日本外国特派員協会で会見し、「通信手段が完全に遮断されており、本国からの公式な情報は何も受け取っていない」と述べた。被災状況の把握は、米国やフランスなどの外国メディアの報道に頼っているという。

 ハイチでは、震災への備えや国民の地震に対する予備知識は十分でないとし、「ダウンタウンでは多くの国民が密集して暮らしていた。とにかく今は、医療スタッフ、そして医薬品が必要だ。飲料水も不足している」と窮状を訴えた。また、発生直後に日本政府からの人道的支援の申し出があったことに触れ、「迅速な対応に感謝している」と述べた。

【関連:ハイチ大地震】
積み上げられる子供の遺体 死者10万人以上か
「死は至るところにある」米メディア、続々現地に
最貧国襲った巨大地震「何人が下敷きになっているのか…」
日本ユニセフ協会、ハイチ大地震で義援金受け付け開始
ハイチでM7・0の強い地震 病院が倒壊、死者数千人説も

<高見順賞>岡井隆さんと岸田将幸さんに(毎日新聞)
顔見える本屋、売り上げ2倍 東京・丸善本店の「松丸本舗」(産経新聞)
<転落死>9階手すりで度胸試し 高1男子足踏み外す 那覇(毎日新聞)
経営規模3分の2に=借金減らし、リストラ加速-日航再生計画(時事通信)
「高コスト体質」脱却戦略 日本航空はスカイマークに学べ(J-CASTニュース)
AD