見逃しやすい初歩的なミスとして、「弓構え」の弓手手の内を作るときから「会」まで、どんな形にしろ、親指と中指が離れてはいけません。

 

親指と中指が離れれば、まず当たらないと考えても良いぐらいでしょう。

 

親指と中指が離れないことが『角見』の効きの原動力であると同時に、親指と中指に隙間ができると、弓手の押しが弓に伝わらず押し負けてしまいます。

 

弓構えで手の内を作る・・整える際には、中指の上に親指を重ねるぐらいにくっつけても、「打ち起こし」から「大三」に移行するとき、また「会」まで引き分けるとき、生徒は「痛い!」と感じて、無意識に親指と中指を徐々に離してしまいがちです。

 

「離れ」また「残心」の最後まで親指と中指くっつき、薬指、小指も緩めない、バラけないように注意しましょう。

 

また筆者の個人的主張ですが、重ねた中指と親指では、両指とも滑らし過ぎずることなく、中指が0.01秒でも先行して弓を捻り、親指根の押し(角見)が追随し、最後の押しの主導権は親指根の『角見』が取る感覚を推奨します。

 

生徒には、「弓を捻ると、親指と中指をひっつけて(くっつけて)いる部分や天紋筋辺りに、最初は痛みを感じますが、それを我慢して「残心」まで、①角見を効かし②弓手全体で押し切る感じを体得して下さい。

慣れてくれば痛みも気にならなくなります。痛くて親指と中指を離すと押し負けてきて、矢がちゃんと飛びませんよ。薬指、小指も緩めないで下さい。」程度に言っておいてはと思います。

 

また、指導者は握り皮がツルツルで滑りやすくなっていないかも確認して下さい。

握り皮がツルツルで滑りやすい状態なら、握り皮の交換か、筆粉を付けて滑り止めの処置をしてあげて下さい。

結構、初心者の方は、その当たり気づかずにおられます。

 

 

①親指と中指の隙間を作らないこと②天紋筋と弓の左外竹側がほぼ「会」まで離れないこと③捻るとき安易に滑らすことは、初歩的に気をつけなければならない内容ですが、逆に指導者側も見逃しやすい初心者が起こす初歩的ミスでもあります。

 

 

 

 



にほんブログ村

 

 

 

 

AD