企業推理小説で知られる作家の清水一行(しみずいっこう)さん(本名・和幸=かずゆき)が15日に死去した。79歳。

 1966年、証券業界の内幕を描いた「小説兜町(しま)」でデビュー。

 新幹線の騒音公害に反対する犯人と、捜査の動きを追ったサスペンス「動脈列島」(74年)で日本推理作家協会賞を受けた。代表作に「虚業集団」「重役室」などがある。

「学童保育」の新しい形 デイケアと統合や進学塾と連携(産経新聞)
来年度診療報酬改定は「非常に素直な点数設定」(医療介護CBニュース)
<エレベーター事故>運輸安全委に昇降機部門新設(毎日新聞)
木工工場から出火、作業所や民家など7棟焼く(読売新聞)
「民主の古くささ」を懸念=政治とカネで野田副大臣(時事通信)
AD