疑似通貨「円天」を使った健康関連商品販売会社「エル・アンド・ジー(L&G)」(破産)の巨額詐欺事件で、組織犯罪処罰法違反(組織的詐欺)罪に問われた元会長波和二被告(76)の論告求刑公判が8日、東京地裁(山口裕之裁判長)であり、検察側は「ほかに類を見ない空前の大規模詐欺の首謀者」として、懲役18年を求刑した。
 検察側は論告で、L&Gが集めた協力金は2000年以降で約1285億円に上ったと指摘。被告はL&Gの絶対的経営者として部下に犯行を指示した上、得た利得も少なくとも16億5000万円と突出して多く、刑事責任は重大だとした。
 一方、弁護側は最終弁論で、被告はだまして金を取る意図はなかったとして改めて無罪を主張した。公判はこの日で結審し、判決は3月18日に言い渡される。 

【関連ニュース】
「ふるさと牧場」社長に懲役12年=和牛商法詐欺
賭博店から派遣料収受=容疑で組長ら逮捕

<児童ポルノ>DVD複製・販売 6容疑者逮捕(毎日新聞)
顧問の扱い「対応を指示」=全国町村会会長逮捕で総務相(時事通信)
石川衆院議員、辞職せず(時事通信)
トヨタの対応注視=平野官房長官(時事通信)
同じ女子大生に連続わいせつ=会社員、容疑で逮捕-神奈川県警(時事通信)
AD