リブートキャンプ by Swift 目次

 

 例えば、前回のサンプルにしても、説明されてないプロパティや、クラスが出てくるわけですが…

 

   ↓こんな感じで

   message.backgroundColor = UIColor.orange

 

 そういうときにどうするかって話です。

 

 基本、単語をコピペしてググればいいです。

 まあ「backgroundColor」をそのまま検索よりはmessageはUILabelのオブジェクトだから「backgroundColor UILabel」というようにキーワードを増やして検索した方がいいでしょうね。UILabelでダメなら派生元のUIViewとかね。

 ここら辺は、みなさん心得てるとおりです。

 

 なので、ここではそれとは別の、Xcodeのクイックヘルプを使う方法も紹介しておきます。

 Xcodeにはクイックヘルプという、クラスやプロパティ、メソッドを調べる機能が用意されているんですよ。

 

 ↓それがこれだ!

 

 

 クイックヘルプに出てくる説明文は英語なんで、なかなか敷居が高いと思いますが、それでもリンクたどって関連するクラスやプロパティ、メソッドを見つけたり、それを元にググるってことはできます。

 そうすると、日本語で解説してるサイトにぶち当たる可能性があるわけです。

 あと、上のビデオで紹介したDocumentation and API Reference画面で検索すると、Apple提供のサンプルコードを見つけたりもできるのよ。

 ここら辺はプログラミングに慣れた者には結構おいしいかも。

 なんせSwiftやObjective-Cは世界共通言語ですから〜。

 プログラミング初心者は、まあ、最初に言ったように入門サイト探してSwift Playgroundsなんかで学習しましょう。

 このリブートキャンプ by Swiftでも、極力説明していくつもりっす。

 

 

 

 英語読めるならガイドなんかもオススメ。

 対象のクラスやメソッドの使い方ガイドです。

 

 

 

 ガイドはありがたいけど、さすがに英語は〜という人は、ググるしかないんですが、そういう時にも検索に使えそうなキーワードが見つかったりするので、まあ諦めずに頑張れ。

 サンプル読んでて、知らない単語に突き当たった時の対処法はそんなとこです。

 

 んじゃ、そもそも、そのサンプルにたどり着くために、iPhoneにどんな機能があるかを調べるにはどーするのというと、このサイトです。

 

 ↓アップル・デベロッパー・サイト

https://developer.apple.com/jp/

 


 

 当然ですな。

 総本山。このサイト以上の情報源はあり得ません。ただし英語です。

 最初の日本語ページに騙されちゃダメ。ちょっと読み進めるとすぐ英語ページ飛ばされるから。

 ちなみに。一番上の「開発」タグをクリックすると、開発に関する情報ページが表示されます。

 

 

 最初に漁るのはWWDCのビデオがいいかな。

 

 

 2013〜2016年のもあるけど、基本最新の年からみるといいです。

 

WWDC 2017 Keynote

 
 で、新機能の大まかな説明、あとは興味のある機能別に観るって感じなりよ。

 こいつも英語なんで、わからない人にはさっぱり(しかもプレゼンしてるの、喋りのプロじゃないので、興が乗ってくるとマシンガントークになってくるし…)だけど、キーワードは得ることができるわけで、それ使ってググりましょう。

 

 何よりキーワードを見つけることが重要。

 

 キーワードをアップル・デベロッパー・サイト内で検索することも可能っす。

 

 

 例えばUIViewで検索してVideoでフィルタリングするとこんな感じ。

 

 

 キーワードを見つけてググって、日本語の説明サイト見つけて、サンプル見つけて、知らない単語出てきたらまた調べて、そんな繰り返しっす。

 ラノベ本のあとがきにも書いたけど

 

  心配ばっかして時間を無駄にせず、とりあえず突っ走ってみてください。

  意外となんとかなります。飛んでから着地点考えましょう。

 

 で、ちょっとだけ朗報。

 アップル・デベロッパー・サイトのガイドを訳した

 

 日本語ドキュメントのページ

 

があります。

 非常にありがたいし、アップル・デベロッパー・サイトのページからもリンクが貼られているんで公式だと思うんですが、たまにリンクが消えます。今も消えてる。

 とりあえず、上に貼ったURLは健在みたいなんで、そこでFAQでも紹介してる以下のガイドを読みましょう。

 

iOSアプリケーション プログラミングガイド

iOS View プログラミングガイド

iOS View Controller プログラミングガイド

 

 Apple純正のガイドを読みたいなら、ここら辺から読むのが順当だと思われ。

 もっとも、ここら辺は「iPhone アプリ 開発」で見つけたサイト読みながら勉強でもいいと思います。

 あとSwift言語に関しては究極の説明書が、iBooksでタダで読めます。

 

 

 まあ、英語なんですがね。

 あらゆる日本語のSwift解説本はこれを原本にしてます。してなきゃ嘘。

 ここら辺も「Swift入門」あたりで見つけたサイト読むのでいいんじゃないかとは思うが…

 興味がある人はiBooks開いてStoreを

 

 Swift Programming

 

で検索だ。

 

 長々話したけど、次回からは通常運転で行きます。

 サンプル用意して、上で書いた

 

   message.backgroundColor = UIColor.orange

 

の説明や、画面タップへの反応なんかを説明入れつつやって行きます。

 

 ↓こんな感じのアプリはどー作るのか?

 

 

サンプル:

http://tetera.jp/xcc/book-sample/RPG.zip

 

 ぶっちゃけ、こういうのはUnityとかUnrealEngine、Cocosなんかを使えばいいんですけどね。直接作ったほうがいいのはTwitterとか小遣い帳、ノートとか言ったユーティリティ系ですな。

 ただ、そういうのは地味なので、とっかかりとしてはこっちの方がいいんじゃないかと思われ。

 

 ちょっと長くなってるけど、やってることは画面の貼り付けがほとんどなんで、腕試しに、ヘルプやグーグル駆使して調べてみてください。

 答え合わせは次回。

 ちなみにViewControllerクラス定義中に出てくるプロパティ

    let script = [
        "雨の日はだるい…\n今日は学校休んじゃおっかな〜",
        "誰だ"
    ]

 

は、ノーヒントだと厳しいので配列という情報だけ教えときます。「swift Array」なんかでググってみてね。

 デワデワ。

 

AD