前原国交相は18日午後の閣議後会見で、4月に発表したNEXCO系高速道路の一部無料化路線について、「実施を6月下旬からとする」と発表した。

実施されると、都市高速を除く全体の約18%の及ぶ1626km、37路線50区間がゼロ円で通行できる。

この無料化は、民主党がマニフェストとして掲げる高速道路の段階的無料化を実現するためのデータ収集のために社会実験として実施されるもので、来年3月末日まで続けられる。

ただし、同時にこの無料化社会実験と同時に実施されるはずだった上限割引については、国会審議が進まないことを理由に延期を発表した。

「新料金6月実施は難しい」と、前原国交相の顔色は冴えなかった。

《レスポンス 中島みなみ》

【関連記事】
【高速道路新料金】6月の完全実施を断念
高速道路でのETC利用状況…4月29日-5月6日
【ストラーダポケット CN-MP500/MP700】「カーナビ経験者にも納得していただける機能と品質を」…開発者
高速道路 新料金 特別編集
国土交通省 特別編集

国家公務員キャリア採用2割減へ、総務省が通知(読売新聞)
<八街殺人放火>被害者の車発見 逃走に使用か(毎日新聞)
<青木幹雄氏>「参院自民、流動化も」 不出馬で政界に波紋(毎日新聞)
6月1日に緊急対策案―障がい者総合福祉部会(医療介護CBニュース)
「普天間」先送り 閣僚が首相擁護(産経新聞)
AD