地域政党「大阪維新の会」(代表・橋下徹大阪府知事)が21日、5月14日告示、同23日投開票の大阪市議補選(福島区選挙区、改選数1)に、大阪市内の女性会社役員、広田和美氏(46)を擁立する方針を固めた。21日中に承認、22日発表する。維新の会は、来春の統一選で「府議会と大阪、堺両市議会での過半数獲得」を掲げており、大阪市議補選は重要な試金石となる。

 関係者によると、広田氏は政治経験はないが、民間が実施した事業仕分けにかかわった経験があるという。

 大阪市議補選にはほかに、民主が元衆院議員秘書、国本政雄氏(33)、共産が党区生活相談所長、山田みのり氏(33)の新人をそれぞれ公認候補として擁立する方針で、自民大阪市議の長男で秘書の太田晶也氏(38)も出馬準備を進めている。【田辺一城】

テレ朝「お願い!ランキング」で規格違う商品販売(産経新聞)
自衛隊に初の女性基地司令「積極的PR、親しんでもらう」(産経新聞)
石原知事「大事なことはストップ・ザ・民主」(産経新聞)
イチネンHD、黒田会長が退任へ(レスポンス)
地方への逆流 韓国、法科大学院の誕生で(産経新聞)
AD