2010年12月07日(火) 12時24分43秒

真実の涙をもう一度~私的雑感~

テーマ:ブログ

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

1月5日追記

 公式サイトにリンクされたついでに、サイト内リンクを入れておきます。

 お暇でしたら、こちらもどうぞ。

ttアートコンテスト出展品 “夏の渚”

ttアートコンテスト出展品 “夏の渚”~裏~

・その他

http://ameblo.jp/xancrrow/entry-10700523987.html
http://ameblo.jp/xancrrow/entry-10701777881.html
http://ameblo.jp/xancrrow/entry-10706070289.html
http://ameblo.jp/xancrrow/entry-10707077750.html
http://ameblo.jp/xancrrow/entry-10707347129.html
http://ameblo.jp/xancrrow/entry-10707791853.html
http://ameblo.jp/xancrrow/entry-10708476207.html
http://ameblo.jp/xancrrow/entry-10711399600.html
http://ameblo.jp/xancrrow/entry-10713958277.html
http://ameblo.jp/xancrrow/entry-10714264902.html


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


 自分は最初に全体を通しての感想を・・・・・・うーん、ここでは基本的に「恥ずかしいセリフ禁止!」(CV:斎藤千和)でやってきたのだが、有志会メンバーの方の目にとまる可能性もあるので、ちょっとそこらへんのリミッターを外して、率直な感想を書くことにしよう


 さて、ぼちぼち12月4日(土)のtrue tears上映イベントについて書いておかなければと思うのだが、時系列でのちゃんとしたレポはいろんな方が書かれているので(→参照 )、


 いやぁ、なんかね、楽しかったんですよ

 ただただ、ずっと、ひたすら楽しかったんですよねぇ。


 大袈裟な言い方をしてしまうと、自分の人生の中で、コレだけ純粋に楽しいだけだったという一日が、どれだけあっただろうか、ってくらいに楽しかった訳ですよ。


 もちろん「楽しいこと」なんてものはいくらでもあるのだが、後になって虚しくなったり、楽しい一方であれこれ気を回さなければいけなかったり、不意に「何やってんだろう?」って冷めてしまう瞬間があったり、なんだか自虐的な感じになっていたりしまうんですよねぇ、自分の場合f^_^;


 だから、今回の様に、ひたすら純粋に楽しく、そしてその楽しいことを自分自身で肯定できることというのは、実は非常に稀有ことで、あぁ、なんか人間、生きていると、こんなよい日ってのもあるものだなぁ、とか思ったりして(w


 これはやはり、企画・実行された有志会や参加したファンはもちろん、ご協力いただいた城端の方々との連帯感に縁るものではなかろうかと。



 そうそう、連帯感と言えば、サプライズゲストとして高垣彩陽嬢が登場した瞬間の拍手と歓声は、「そんなに差がありすぎたら、他の出演者や主催者に失礼だろ、おまいら(^_^;)」と苦笑してしまうくらい爆発的なものだったのだが、あれってのは、単に「人気声優」がやってきたからという事ではなく、「true tears(と城端)が大好き」という仲間の輪に、高垣さんが飛び込んできてくれた事が嬉しくて、あの大歓声になったのだろうと思う。(こちらの方も同じように書いてらっしゃいますね→参照



 それから、例の「イラスト・アートコンテスト」に参加したことで、自分の中に「やりきった感」があったことも、純粋に楽しかった要因の一つであったかと思う。


 出品したアレの話については、また別に記事をうpしようと思っているのだが、色々とぶっつけ本番でやったものだから、ほんっと完成したのは奇跡みたいなものなのですよ。


 まぁ、なんというか、自分の中の比呂美さんとtrue tearsへの妄執の結晶みたいなモノで、展示されているアレを見てくれている人達を、湧き上がるニヤニヤを押し殺しながら、後ろから見てたりして・・・・・・オレ、きめぇ(´Д`;) 


 あぁ、そうそう、せっかく写真を撮って頂いても、「製作者の了承を得てないから、勝手にネットに上げるわけにはいけません」という真面目な方もいらっしゃるようなのですが、少なくとも、自分の出したあの品は、どことなり晒して頂いて結構です(表示されていた本名はカットしておいてくれた方が嬉しいけれど、それもまぁ、表に出たところで実害はなかろうし)。


 というか、むしろどんどんうpしてください、それが楽しみで、苦労しながら作ったという部分もありますので(w

 (他の出展者の方も似た様なお気持ちであろう、と勝手に解釈して、自分は他の作品も画像をうpしてしまっております、もし不都合があるようでしたらご一報下さいませ)



 ・・・・・・おぉ、総括的なことだけさらっと書いて、「有志会の皆さん、楽しい時間を本当にありがとう!」とだけお伝えするつもりだったのだが、結局こんなに長くなってしまった(w


 そして、じょうはな座のスタッフご後援された関係各位、どう考えても暇なわけのない方ばかりなゲストの皆様、そして、あの場の楽しい空気を作っていた参加者の皆様に、今、思い描ける限り最大限の感謝を。 





 んで、以下、ちょっと蛇足。


 これだけ「あの日はハッピーだった」的に書いておいてなんだけど、実は自分は、仕事があったため、会場には1500時頃までしか居られなかったんですよ


 だから、真に口惜しいことに、4話までの上映と、最初のゲストトークまでしか観られず、eufoniusさんの生ライブが聴けなかったことは、残念無念この上なしでありまして。


 でもまぁ、楽しい気持の余韻がずっと残っていたこともあって、その後、車(例の痛車)で高速をすっとばして金沢へ戻り、ギリギリで仕事に飛び込んだこととかも、なんか妙に楽しかったりして。


 ちなみに、前日は帰宅が2300時で、それからコペンに痛車ステッカーを貼ったり、ナンバープレートカバーを作ったりして、就寝が0300時、でも起床は0500時で睡眠時間は2時間という、この歳にはけっこうキツい状態だったので、ちょうど仕事をやっている時間帯になると、何度も寝オチしそうになって大変でしたよ(w (でも、ハイになっているのでそれすらもなんか楽しかったりして)


 仕事が終わった後、身体のことを考えれば、さっさと帰って寝るのが一番だとは分かっていたが、こんな良い気分の日に、呑みに行かないわけにはイカン、ってことでお気に入りのBarへ足を運ぶ。


 そのBarには、狙ったかのように城端産の地ビール、「城端エール」が置かれていたので、今頃、有志会の皆さんも打ち上げをやっているのだろうな、とか思いつつ、一人、城端エールで乾杯をいたしました


 ま、ここまで全部ひっくるめて、「今日は良い一日でした」ってことで。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

斬駆郎さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

4 ■Re:同意です

>出品者の一人さん
コメありがとうございます。
製作お疲れ様でした。

やっぱり、皆さん多かれ少なかれ、「ここで出来なきゃ、オマエの愛はニセモノだ」みたいな強迫観念を抱えていたんではないかと思います(w

並んでいた作品を見ていると、なんかそんな感じがしました。

3 ■同意です

はじめまして。失礼します。イラストアートコンテストに出品した者です。自分はイベントには参加できなかったので作品応募という形で参加させていただきました。

>少なくとも、自分の出したあの品は、どことなり晒して頂いて結構です
 というか、むしろどんどんうpしてください、それが楽しみで、苦労しながら作ったという部分もありますので(w
 (他の出展者の方も似た様なお気持ちであろう、と勝手に解釈

やっぱりそう思いますよねw 私も「true tears」に関しては相当思い入れが強く、気合入れて製作したので管理人さんの気持ちがよくわかります。作品制作、イベント参加お疲れ様でした。これからも「true tears」を思う気持ちは変わらんぞー!
遅コメ失礼しました。

2 ■Re:無題

>かちゅーん。さん
他の方のブログなど見ても、自分と同じように、とにかく楽しかったといった感想が多いみたいですね。

それだけ良いイベントだったということですよねぇ。

1 ■無題

私はフルで参加させてもらいました。
長時間だったのに 終了した時
疲れなんてほとんどなく
↑ながく座っていたのでお尻痛かった。

むしろ癒されたー感がたっぷりでした。
ほっこりイベントでした。
参加できてうれしかったです

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。