大阪大学が産学連携による新産業の育成を目的に産業科学研究所(産研、大阪府茨木市)内に建設を進めてきたインキュベーション棟が完成し9日、同棟で披露式が行われた。産研はナノテクノロジー(超微細加工技術)研究などで全国の研究施設に対する主導的な役割を果たしており、幅広い産業分野での研究成果の活用が期待されている。

 国立大学が独自事業としてキャンパス内にインキュベーション施設を建設するのは全国初。インキュベーション棟は鉄骨5階建て延べ約5100平方メートル。2階と3階を「企業リサーチパーク」とし、計28の実験室や研究室に企業が入居できる。入居企業は超高感度核磁気共鳴装置など産研の最先端の研究機器を利用でき、産研の研究者の技術指導や相談も受けられる。

 ナノテクはIT(情報技術)やバイオ、環境など幅広い産業分野と密接にかかわっており、次世代型の半導体やセンサーなどの電子デバイス、高機能材料、遺伝子診断を実用化するうえでも不可欠な技術。産研は平成14年、産業科学ナノテクノロジーセンターを設置するなど先駆的な役割を果たしてきた。

 式典では、産研の山口明人所長が「中小企業にとって開発の初期投資の軽減や阪大に開発拠点を構えることによる社会的信用などメリットは多い」と述べ、インキュベーション棟への中小企業の入居を求めた。

 阪大の鷲田精一総長は「独創的で最先端の研究成果を世界に発信し、産業界との連携・交流がますます進むことを願っている」と述べた。

【関連記事】
放射光を利用 新材料の研究開始 化学企業など産学連合体
東レ新作水着発表 学生デザインも 学生ら「就活の武器に」
新たな産学連携模索 東北大院にIT拠点 下請け体質脱却へ
科学予算“復活”要望へ 民主、産学官連携事業など
事業仕分けでの「産学官連携廃止」に批判声明 33知事「十分な検証ない」

県立受験やめれば合格=帝京五高、受験生に打診―愛媛(時事通信)
<安住選対委員長>現職重視の支援 国民新側に要請(毎日新聞)
夜空に浮かび上がる大鳴門橋=徳島〔地域〕(時事通信)
与野党国対委員長会談、会期延長は決着先送り (産経新聞)
「民主党役員人事7日、組閣は8日」 菅新代表が山岡国対委員長に指示(産経新聞)
AD