屋内配線用の電線ケーブルの枝線の受注を巡ってカルテルを結んでいたとして、公正取引委員会は13日、独占禁止法違反(不当な取引制限)の疑いで、住友電工産業電線、古河電気工業が出資する協和電線、富士電線(いずれも大阪)と西日本電線工業組合など十数社の本店、支店など数十カ所を立ち入り検査した。

 公取委はすでに昨年12月、屋内配線用の電線ケーブルの幹線に関して大手業者の住友電気工業や日立電線などが出資する住電ヒタチケーブルやフジクラなど5社を立ち入り検査している。

 今回の立ち入り先は中小企業が主。年間の市場規模は約3千億円。

【関連記事】
大安、仏滅…暦を使って受注調整 高圧電力ケーブル業者が談合、カルテル
公取委が住電日立など5社に立ち入り 屋内用配線ケーブルでカルテル
NTT向け光ケーブルでカルテルか 公取委検査
自動車用電線でカルテルか 公取委が業界数社20数カ所を立ち入り検査 
産業ガスをめぐりカルテルか 大陽日酸など十数社に立ち入り検査

<立川談志さん>高座に復帰(毎日新聞)
JR不採用、和解金2200万…政府案決着(読売新聞)
学校警備員、継続ピンチ 大阪府の防犯助成終了へ(産経新聞)
<掘り出しニュース>カメ甲羅干し…前へ~ならえ(毎日新聞)
裁判員裁判の量刑、殺人や性犯罪で重い傾向(読売新聞)
AD

コメント(1)