9日午後11時35分ごろ、愛知県北名古屋市鹿田清水の名鉄犬山線で、犬山発赤池行きの上り普通電車(6両編成)の運転士(34)が線路内に三角コーンがあるのを見つけて急ブレーキをかけた。運転士が確認すると、三角コーン2個が電車の下敷きになり、1個がはね飛ばされて近くに落ちていた。乗客約50人にけがはなかった。同電車が現場に9分間止まったほか、後続の上り3本が最大9分遅れ、約150人に影響が出た。県警西枇杷島署が列車妨害事件とみて調べている。【高木香奈】

【関連ニュース】
名鉄三河線:線路に消火器 けが人はなし 愛知・知立
突風:架線にトタン屋根 名鉄線41本が運休 岐阜・笠松
名古屋市営地下鉄桜通線:新4駅、名称決まる 「鳴子北」「相生山」など /愛知
突風:架線にトタン屋根 名鉄線41本が運休--岐阜・笠松
鉄道トラブル:のぞみに「ひも」付着し運転遅れ--JR名古屋駅

カルテ開示、費用がネック=手数料1万円も、市民団体調査(時事通信)
最高100万円超も=処分家畜の補償で基準―宮崎県(時事通信)
<不正利益を取得>元市職員の三セク部長 架空会社にカラ委託(毎日新聞)
<地震>福島・相馬で震度3=午後1時49分(毎日新聞)
女子高生にわいせつ、アートコーポ会長が辞任(読売新聞)
AD