茨城県那珂市飯田の水田に、除草剤を散布する無線操縦型のホーバークラフト(長さ1・5メートル、幅1メートル、重さ20キロ)がお目見えし、農作業の省力化に一役買っている。

 このホーバークラフトは市内で肥料店を営む海野敦之さん(44)所有。3年前に海野さんが県内で初めて取り入れ、国内では現在、30台ほどが出回っている。

 リモコンの無線操縦で最大時速20キロで水田内を走り回り、除草剤を散布する。手作業では水田10アールで10分ほどかかる散布もホーバークラフトなら1分半ほどで終わるという。

 さらに、船体を空気圧で浮上させて走ることから、海野さんは「田んぼに足跡もつかずに、スピーディーかつ正確に散布が出来るので便利」と話している。

上賀茂神社もアライグマの被害に 専門家が調査へ(産経新聞)
<常用漢字>196字追加 いつから入試に?国語辞書は変わる?(毎日新聞)
「頑張って」と小沢氏=幹事長引き継ぎ、枝野氏と3分会談―民主(時事通信)
祇園祭 山鉾の胴懸 平山氏の作品「らくだ行」基に制作(毎日新聞)
大相撲 木瀬親方、暴力団との過去の交際認める(毎日新聞)
AD