グリーンアスパラの特産地、北海道美唄(びばい)市内で、厚さ数センチのアスファルトを突き破ってアスパラガスが頭を出し、10センチ以上に成長している。

 場所は国道12号に面した郵便局と歩道の境目。数年前からアスパラガスの自生が確認されていたが昨秋舗装され、郵便局長(67)は「もう出ないだろうと思っていた」。ところが、今月上旬に7本が次々と路面を割って太陽にごあいさつ。うち6本は誰かに「収穫」されたが、残る1本は順調に育っている。【吉田競】

【関連ニュース】
<規格外でも>野菜高騰:出荷前倒し、農水省要請 「規格外」も販売
<野菜高騰>屋内栽培は価格安定 岐阜
<高級野菜マコモタケ>商品化へ 四日市農芸高生徒ら400株植える 三重
<国道沿いには>遺伝子組み換えナタネ自生 愛知
学校給食に地域の味を 地場産品の利用進む

インフル定点、2週連続で減少(医療介護CBニュース)
<口蹄疫>「ワクチン使用検討すべき時期」専門家委が提言(毎日新聞)
首相動静(5月14日)(時事通信)
ダイエット効果うたい健康食品販売、利益10億(読売新聞)
<巨大ジオラマ>昭和30年代の高山を再現 「匠の館」で一般公開(毎日新聞)
AD