無職女性(82)宅に長時間居座り、高額で布団を購入させていたとして、警視庁東村山署は、特定商取引法違反の疑いで、東京都多摩市桜ケ丘、健康寝具販売会社「ネルキタ」社長、片岡政道容疑者(48)ら2人を逮捕した。

 同署によると、同社は昨年5月~今年4月にかけ、高齢者を中心に1都3県で700件以上の販売契約を結び、計1億円以上を売り上げていたとみられる。2人は容疑を否認しており、片岡容疑者は「不正な方法で販売していない」と話しているという。

 逮捕容疑は、4月15日午後、大田区の女性宅で約2時間居座り、布団と毛布を通常の10倍以上の値段となる計34万6500円で販売する契約を結ばせたとしている。

 同署によると、片岡容疑者らは「古い布団を無料で下取りする」と販売目的であることを告げずに女性宅を訪れていたという。

 今年2月に布団の購入契約を結ばされた東村山市の無職女性(89)が、郵便局で購入代金を引き出そうとしたところ、高額だったため声をかけた局員が消費生活センターへの相談を勧め、同社の違法行為が発覚した。

【関連記事】
7千万円売りつけた百貨店…高齢者狙う有名企業の高額販売
9県で催眠商法、容疑の7人逮捕 高齢者らに高額布団
健康不安あおり催眠商法、容疑で福岡の業者逮捕
不況で脚光も…ネット副業でトラブル急増
「命が危ない」と不安あおり印鑑販売 社長ら7人逮捕

都内最大の暴走族壊滅 警視庁 メンバーから脱退届(産経新聞)
橋下知事も「幼稚園児レベルの結論だ」 知事会での普天間協議(産経新聞)
「篤姫」出演の俳優が幼稚園に放火(スポーツ報知)
頭越し決定、「暴挙」と怒り=容認派「無駄な時間費やした」―共同声明に名護市民(時事通信)
<岡本倶楽部>出資者の弁護人、破産手続きの開始を申し立て(毎日新聞)
AD