厚生労働省は14日、強毒型の新型インフルエンザが発生した場合に備えた事業継続計画を発表した。

 計画では強毒性の新型が発生した場合、本人の罹患(りかん)や家族の看病などで、省内の職員約3300人のうち、4割の約1300人が欠勤すると試算。新型インフル対策を最優先業務に位置づけ、昨年発生した新型インフルのピーク時よりも100人多い、約500人が対応に当たることとした。

 新規施策の企画・立案や予算業務、国会対応などは業務を縮小。調査・統計業務、緊急性のない会議や式典などは中止する。

 昨年8月に内閣官房が計画を作成するためのガイドラインを発表しており、すでに経済産業省や警察庁など8省庁が事業継続計画を作成している。

【関連記事】
マスクに殺到、豚肉料理中止… 大企業も雪崩 警戒さらに 
行政、病院奔走 新型インフル「最悪」想定、すぐ沈静化
新型インフル「偏執病」 ウイルスへの恐怖感が与えたものとは…
ワクチン輸入必要だったか…総括会議始まる 新型インフル
新型インフル大流行の定義見直しを議論 WHOが有識者委設置へ
外国人地方参政権問題に一石

現金給付の見直し検討=子ども手当-古川国家戦略室長(時事通信)
関西情報誌無くなる!? 「1週間」「エルマガ」「ハナコ」休刊(産経新聞)
男性の復職、なお拒否=免職取り消し判決を無視-阿久根市(時事通信)
精神科医療の将来ビジョンの検討に向け始動-日精協・山崎新会長(医療介護CBニュース)
奥西死刑囚の即時釈放を…支援者ら高検に要請(読売新聞)
AD