鳩山内閣の各閣僚は4日午前、総辞職後の記者会見で、これまでの成果や退任する胸中などを語った。平野博文官房長官は「鳩山由紀夫首相を退陣たらしめたのは、もっぱらわたしの不徳の致すところだ」と無念の心境を吐露した。
 直嶋正行経済産業相は、資源外交などの取り組みを紹介した後、「道半ばということで、非常に残念だ」と述べた。仙谷由人国家戦略担当相は「官僚内閣制から国民主権内閣制に変えようという思いでやってきて、事業仕分け以降、成果は上がりつつある」と強調。鳩山内閣が評価を下げた理由については、「政治とカネの問題がやはり相当大きかった」と指摘した。
 枝野幸男行政刷新担当相は「まだまだ、やり足りなかったことはたくさんある」と語った。亀井静香金融・郵政改革担当相は参院で審議中の郵政改革法案について「ぜひ新政権においても、今国会で確実に成立させるようにしていただきたい」と求めた。 

顔の障害等級で男女差は「違憲」…広がる波紋(読売新聞)
菅氏「普通の家庭に生まれた」 出馬会見詳報(産経新聞)
<社民党>近藤氏が無所属で出馬 参院選新潟(毎日新聞)
景気の「谷」は昨年3月=戦後最大級の落ち込み―内閣府(時事通信)
<民主代表選>傀儡「それはない」…菅氏、力強く(毎日新聞)
AD