社民党の照屋寛徳衆院議員ら沖縄県出身・選出の与党議員は28日、首相官邸で平野博文官房長官に会い、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の移設問題をめぐる平野長官の発言に抗議する文書を手渡した。
 平野長官は移設先の検討に当たり、移設受け入れ反対派が勝利した同県名護市長選の結果を「斟酌(しんしゃく)しなければいけない理由はない」と表明。照屋氏らはこれに反発し、抗議文に「民意は尊重されなくてもいいとも取れる発言には驚きと同時に怒りすら覚える」と記し、地元民意の尊重を求めた。
 これに対し、平野長官は「誤解があった。地方選挙の結果を含めて民意は当然尊重する」と釈明。「立場上ゼロベース(で移設先を検討する)ということを言わなければならなかった。民意を否定することが真意ではない」と語った。 

【関連ニュース】
小沢氏発言に言及せず=官房長官
5月までの決着に期待=グレグソン次官補沖縄訪問へ
普天間、5月決着に悲観論=「法的措置」発言が波紋
平野長官発言で解決困難に=大島自民幹事長
平野官房長官の発言要旨=普天間移設問題

<大地震>「備えなし」が急増 07年13%→09年24%(毎日新聞)
昨年の自殺者数は3万2753人 過去5番目 警察庁まとめ (産経新聞)
少年らの氏名、HPに誤掲載=万引きで摘発49人分-愛媛県警(時事通信)
民主・山岡国対委員長、首相の施政方針べた褒め 「国民の立場の演説」(産経新聞)
社民党大会閉幕、国対委長と政審会長人事先送り(読売新聞)
AD