枝野幸男行政刷新担当相は1日の記者会見で、憲法改正について、「憲法が障害になっているために(物事が)前に進まない段階で初めてやればよい。現時点で公式の議論をする必要はない」と述べた。枝野氏は野党時代の民主党憲法調査会長を務め、鳩山政権では法令解釈を担当している。

【関連記事】
トップと足並み?居座る小林議員 小沢氏発言で首相も“転換”
枝野氏「自由に議論を」 郵政法案めぐる対立で
小沢氏の矛先は“便乗閣僚”に?
焦点は「小沢氏の進退」予算成立で参院選まで4カ月
首相「早急に協議必要」 辞職拒否の小林議員 閣僚から党執行部への批判も…
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

参院長野に2人目=県連頭越しで小沢氏決定-民主(時事通信)
<首都圏JR>強風で56本運休(毎日新聞)
砂川事件文書を開示=外務省、不存在から一転-日本側「密談」速記録(時事通信)
重度障害者 脳波で意思表示 産総研が開発(毎日新聞)
6大臣との面談実現せず「大変遺憾」―B型肝炎原告団(医療介護CBニュース)
AD