社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相は1日の衆院予算委員会で、自衛隊の憲法上の位置づけについて「(党として合憲か違憲か)結論を出していない」と述べた。質問した自民党の額賀福志郎元財務相は「連立政権で基本的な自衛隊の位置づけがなっていない」と激しく非難した。

 額賀氏は、16年前の自社さ連立政権について、「当時の社会党は自衛隊違憲だったが、村山富市首相(社会党委員長)は合憲だと宗旨変えをして国会運営をスタートさせた」と指摘。

 これに対し、当時さきがけの政調会長だった菅直人副総理・財務相は「村山氏の首相指名の段階では3党合意はなかった。あったというなら示してほしい」と反論。このやりとりにあきれたのか、鳩山由紀夫首相は「自社さ政権の話を今ぶり返しても詮方(せんかた)ない話だ」と語った。

【関連記事】
チリ大地震 防衛相「自衛隊派遣の可能性も」
自衛隊に情報収集指示 大津波警報でP3C哨戒機などが警戒
【軍事情勢】船出するアジアの海軍 虚しく響く東アジア共同体
日米、同じ釜の“佐世保ピザ” 安保50年で現場交流開く
1等陸佐発言「ふさわしくない」との答弁書 首相を揶揄と誤解招く
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

皇太子さま、アフリカご訪問前に抱負(産経新聞)
<万引き>徳島商サッカー部員十数人 サッカーシューズなど(毎日新聞)
<民主>参院選複数区で候補擁立難航 週内に発表(毎日新聞)
<普天間移設>政府、キャンプ・シュワブ陸上案で調整(毎日新聞)
きたれ!「4000人のブートキャンプ」へ 万博40周年記念(産経新聞)
AD