1960年6月15日夜、日米安全保障条約の改定に反対する学生らが国会に突入したデモで、東大生の樺(かんば)美智子さん(当時22歳)が亡くなってから50年の日を迎えた。当時、東京で医師をしていた丸屋博さん(85)=広島市=は死因の検証にかかわり、今も真相解明にこだわり続ける。15日夕には、広島で樺さんの死と60年安保を演題に講演する。【宇城昇】

【国会が、街が騒然…当時の様子を写真で振り返る】60年安保:デモ隊が国会突入 ついに犠牲者

 丸屋さんは山口県出身。当時は病院の内科医として働いていた。樺さんが亡くなった翌日、司法解剖の所見が記されたノートを副院長から渡され、「死因をまとめよ」と指示された。学者の意見を聞き、司法解剖をした慶応大を訪ねて臓器も見た。

 膵臓(すいぞう)の激しい出血や、首を絞められた跡などを基に「鈍器で腹部を強く突かれたうえ、首を絞められた窒息死」と死因を取りまとめた。

 この見解は国民救援会を通じて発表され、警察による暴行として当時の社会党が告発。しかし検察当局は、デモ隊の人雪崩による胸腹部圧迫で窒息死したとする別の意見を採用し、不起訴とした。

 丸屋さんは当時、樺さんの両親と面会し「死因を解明してほしい」と懇願され、その思いに応えられたかを自問し続けてきた。

 半世紀を経た今春、樺さんと一緒に国会に突入した元学生2人が丸屋さんを訪ね、あの日の混乱を証言してくれた。デモ隊の中ほどにいたが、押し出されて警官隊と向き合った瞬間があったという。「樺さんも衝突の前面に出されたのだろう。デモ隊の後列にいてできた傷跡ではない」。丸屋さんは、確信に近い思いを抱いた。

 樺さんの死から4日後、日米安保は自然成立した。戦後史に刻まれた年から50年を迎え丸屋さんは「日米安保条約を問い直す時期に来ていると思う。いわゆる核密約は暴かれつつあるが、樺さんの死の真相も事実は一つ。明らかにしなければならない」と訴える。

 ◇国会前で追悼式

 樺美智子さんが亡くなった国会南通用門前では15日、市民団体「9条改憲阻止の会」が追悼式を開いた。60年安保闘争に参加した同会メンバーら約50人が集まり、樺さんの遺影を掲げた台に献花と焼香をした。

 同会運営委員の正清太一(まさきよたいち)さん(72)は「安保闘争から50年たったが、アメリカに従属する日本の体制はほとんど変わっていない。この事件を風化させてはいけない」と話した。【福永方人】

【関連ニュース】
【当時の新聞紙面と写真で振り返る】日米安保条約 調印から50年
【関連記事】東大生だった2人の政治家、それぞれの安保50年
【関連記事】60年安保闘争:反対デモ、樺さんの死から50年 「衝突の前面で被害」訴え
【昭和の出来事】樺美智子さんの死
【関連本】『樺美智子 聖少女伝説』=江刺昭子・著

密航助長 容疑者を逮捕…タイから移送 千葉県警(毎日新聞)
首相動静(6月15日)(時事通信)
最北の映画館オープン=稚内で22年ぶり復活―北海道(時事通信)
マンモ検診の無料クーポン券を発行-対がん協会(医療介護CBニュース)
引き揚げ警護大隊の戦友会 あす最後の慰霊祭、40回の歴史に幕(産経新聞)
AD
 民主党の夏の参院選マニフェスト(政権公約)を検討する政府と党のマニフェスト企画委員会は3日、消費税など財政健全化の主要項目については、4日の党代表選で選出される新代表が判断するとの方針を確認した。すでに代表選出馬を表明している菅直人副総理・財務相が代表に就任した場合は消費税増税に踏み込む可能性もある。

[表でみる]消費税増税でどうなる モデル世帯で16.5万円の負担増

 企画委は同日、上部組織の政府・党首脳による「政権公約会議」が決める財政分野などを除いた素案のたたき台を大筋で了承した。ただ、鳩山由紀夫首相の退陣を受け、党代表以下、同会議のメンバーが変更されることから、今後さらに調整が行われる。企画委主査の細野豪志衆院議員は会合後、記者団に消費税について「次期代表の考えが色濃く反映されると思うし、政権公約会議のメンバーが判断する」と述べた。

 同日の会合では、新たに成長戦略分野について「平成32(2020)年度までの平均名目成長率3%、実質成長率2%」を数値目標に掲げることなどを決めた。

【関連記事】
菅氏は17時に出馬表明へ
「小沢氏の目にかなうかが鍵」 中国各紙、後継首相に高い関心
樽床氏、代表選出馬の意向 菅氏は協力要請の行脚
円安誘導“舌禍”の菅氏出馬 円売り加速、市場は大歓迎
財務相人事、おびえる日銀 菅氏代表選出馬で「空席」
「はやぶさ」帰還へ

<器物損壊>警察署に投石? ガラス割れる 福岡・大牟田(毎日新聞)
東宮職が週刊新潮に訂正と謝罪要求(産経新聞)
樽床氏「衆院定数80削減を」 代表選出馬会見 (産経新聞)
花しょうぶ 愛知県豊橋市で満開に(毎日新聞)
“仕分け大臣”に蓮舫氏 政調会長は玄葉氏で調整(産経新聞)
 【ふるさと便り】神戸市中央区の神戸空港で23日、水着のファッションショー「ちゅらマーメイドコレクション」が開かれた。出発ロビーを会場にして、水着姿のモデルが次々に登場、乗降客らの注目を集めていた。

 神戸-那覇線の利用を呼びかけようと企画された沖縄の魅力をPRするイベント「ちゅらマーメイドスクエアin神戸空港」の一環。同空港ではこれまでにもさまざまなファッションショーが開催されてきたが、水着のショーは初めてという。

 ショーでは、東レ水着キャンペーンガールの鈴木ちなみさんらモデル6人が、花柄やフリルといった今年の流行を取り入れた水着、計26着を披露した。

 友人と訪れた神戸夙川学院大2年、山内亜弥さん(19)は「レースの水着がかわいかった。夏休みに新しい水着を持って、沖縄に行ってみたい」と話した。

【関連記事】
テーマは「心の癒し」 東レの新作水着、女性らしさを志向
広末水着!おかもとまり、ビキニ大胆披露
浅尾Vs西堀!水着でメラッ/ビーチバレー
ほしのあき、ビキニでセクシーステージ
AKB48篠田、TGC初の水着ショーで闊歩
中国が優等生路線に?

元部下の調書など却下=「取調官が誘導」―厚労省元局長の公判・大阪地裁(時事通信)
<図書館のない村>善意殺到 10日間で絵本1万冊突破--福島・飯舘(毎日新聞)
口蹄疫 種牛49頭の救済要請 農水省、結論示さず(産経新聞)
<小沢幹事長>「代表の発言は党の公約」 首相に苦言?(毎日新聞)
首相、財務相と午後に会談(時事通信)