ガーネットステークス

テーマ:
ガーネットステークスは、日本中央競馬会(JRA)が中山競馬場のダート1200mで施行されていた中央競馬の重賞(GIII・統一GIII)競走である。競走名は、1月の誕生石である柘榴石(ざくろいし:ガーネット)に由来。概要1983年までは5歳(現4歳)以上牝馬限定の中山競馬場の芝1600mのオープン特別、1984年から1986年までは5歳(現4歳)以上牝馬限定の同競馬場のダート1200mの1300万下(1986年のみ1400万下)条件戦、1987年から1995年まで同競馬場のダート1800mのオープン特別、1996年は東京競馬場のダート1600mのオープン特別として施行されていたガーネットステークスを1997年から重賞競走として新設し、重賞競走としての第1回は同じく中山競馬場のダート1200mで施行され、同様にGIIIに格付けされた。創設年にGI競走に昇格したフェブラリーステークスや根岸ステークスの前哨戦として、ダートの短距離を得意とする競走馬が出走していた。出走資格は、サラ系4歳(旧5歳)以上のJRA所属の競走馬(外国産馬含む)と、JRAに認定された地方所属の競走馬(5頭まで)及び外国調教馬。負担斤量条件は、ハンデキャップであった。総額賞金は7,460万円で、1着賞金3,900万円、2着賞金1,600万円、3着賞金980万円、4着賞金590万円、5着賞金390万円と定められていた。2008年に新設されたカペラステークスにその機能を引き継ぎ、2009年に廃止された。廃止後の2009年からはガーネットステークスと同じ中山競馬場のダート1200mで施行されていたジャニュアリーステークスがオープン特別の競走として施行されている(それまでは1600万下条件)。歴史1983年以前 中山競馬場の芝1600mの5歳(現4歳)以上の牝馬限定のオープン特別、ガーネットステークスとして施行。1984年1300万下条件特別に降格。施行距離をダート1200mに変更。1986年 1400万下条件特別に変更。 1987年オープン特別に再昇格。出走条件を5歳(現4歳)以上の別定重量に変更。施行距離をダート1800mに変更。1989年 混合競走に指定。1996年 福島競馬場の改修工事の調整による振替開催により東京競馬場のダート1600mで施行。1997年指定競走に指定。GIIIに昇格。ダート競走格付け

寒波 北半球の異常低温 「北極振動」が原因 気象庁分析(毎日新聞)
2度目の新婚旅行は“乗り鉄”で 計88歳以上の夫婦限定「パス」(産経新聞)
北方領土解決へ決意=鳩山首相(時事通信)
「非保有国への不使用」要求…日豪が核共同宣言へ(読売新聞)
<沖縄連絡室>内閣官房に設置 普天間などで情報交換緊密化(毎日新聞)
AD