平野博文官房長官は31日午前の記者会見で、米軍普天間飛行場移設問題をめぐる社民党の連立離脱への鳩山由紀夫首相の責任について、「当然、責任者だから、結果責任はあると思う」と述べた。

 平野氏は「担当の立場で言えば、私自身にも責任がある」と述べ、自身の責任にも言及した。ただ、「私の進退は常に総理に預けている。政策遂行が私の使命だ」として辞任については否定した。

 社民党の連立離脱が今後の政権運営に与える影響については、「当然あると思う」との認識を示したが、「今日まで3党合意で詰めてきた政策があり、これはしっかりと共闘して進めていきたい」と語り、同党の協力に期待を示した。

 産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)の合同世論調査などで内閣支持率が2割を切ったことについては「社民党離脱に対する国民の評価が一部あった」と述べた。

【関連記事】
辻元国交副大臣が辞表提出 「社民党にも責任」
社民・福島氏 内閣不信任案に同調も「反対はなかなか難しい」
景気対策への影響を懸念 経済界、社民党離脱で
社民、連立離脱しても部分連合と選挙協力を模索
「社民党は全く変わっていない」福島・重野会見要旨
「はやぶさ」帰還へ

普天間移設で首相要請の会議、18知事が欠席へ(読売新聞)
需要不足、なお年25兆円=デフレ環境続く―1~3月期(時事通信)
ビル解体工事現場で発砲 拳銃1丁残される 東京・池袋(産経新聞)
阿久根市長独断、職員・市議・市長のボーナス半減(読売新聞)
シー・シェパード事件 反捕鯨元船長、傷害は否認 初公判「意図なかった」(産経新聞)
AD