枝野幸男行政刷新担当相は20日午前、内閣府で、自らが座長を務める「行政透明化検討チーム」の初会合を開き、国や独立行政法人の情報公開制度の見直しに着手した。枝野氏は同日の会合に、首相が閣僚に開示を指示できるようにするなど、制度見直しの私案を提示。今後、同チームでの議論や、国民から募集した意見を踏まえて、6月に見直し案を取りまとめる。秋の臨時国会で情報公開法改正案提出を目指す方針だ。
 民主党は野党時代に、枝野氏を中心に議員立法で同法改正案を国会提出したが、私案も同改正案が基になっている。 

【関連ニュース】
仙谷氏への批判、閣僚から相次ぐ=衆参同日選発言
独法の役員公募、第3弾開始=6ポスト対象
47独法、151事業が対象=事業仕分け第2弾
「首長新党」に関心=枝野行政刷新相

雑記帳 再活用目指して「廃校全国サミット」 秋田(毎日新聞)
開成山野球場リニューアルオープン=福島県郡山市〔地域〕(時事通信)
首都直下地震112兆円被害、復興に国民負担も(読売新聞)
9カ月乳児、壁に投げ付け=傷害容疑で父逮捕-福岡県警(時事通信)
中国艦艇の近海通過問題 日中首脳会談で触れなかったのは首相判断(産経新聞)
AD