足利事件の再審第6回公判で、検察側が行った論告が以下の通り。

 本件については、法廷で取り調べた関係証拠により、無罪の言い渡しがされるべきことは明らかです

     ◇

 論告は以上ですが、一言ご容赦いただけますか。真犯人ではない菅家さんを起訴し、17年あまりの長期間服役を余儀なくさせ、取り返しのつかない事態になりましたことを、誠に申し訳なく思っております。検察としてはこのようなことを二度と繰り返さないよう、捜査してまいる所存です

【関連記事】
足利再審 突然の検事の謝罪 菅家さんの表情固く
菅家さん「謝って」 元検事、謝罪の言葉なし
弁護側「極めて不誠実だ!」 検察側も「異議あり」を連発
「あなたは反省してるんですか!」声を荒らげる弁護側
「否認しても有罪」きっぱり言い切る元検事 足利再審

<朝青龍関>「残念」愛知・蟹江の高砂部屋宿舎(毎日新聞)
<火災>東京・練馬の死者、70代の夫婦と確認(毎日新聞)
運転のブラジル人を逮捕=名古屋ひき逃げ、容疑否認-危険運転致死で手配・愛知県警(時事通信)
手製拳銃4丁隠し持つ=「西部劇ファン」の男逮捕-大阪府警(時事通信)
児童の列に乗用車、5人けが…茨城の市道(読売新聞)
AD