海上保安庁は25日、2009年中に同庁が確認した海洋汚染のまとめを発表した。
 それによると、油の流出や廃棄物の浮遊などの海洋汚染の確認は514件で、前年より41件少なかったが、2年連続で500件を超えた。
 原因は、給油時のバルブ取り扱いミスなどのヒューマンエラーが42%を占めており、同庁は関係者に注意を呼び掛けている。 

給付の“逆転”なぜ? 国民年金より高い生活保護(産経新聞)
<政調費>任期満了前の支出、必要性なければ違法 最高裁(毎日新聞)
大丈夫? 鳩山首相「新たなスタート」直後のバカンス(産経新聞)
飲酒運転のクルマ、ショベルカーが逃走を阻止
日米同盟基軸「揺るぎなく継続」=防大卒業式で訓示-鳩山首相(時事通信)
AD