中央省庁の幹部人事を一元管理する「内閣人事局」の新設などを柱とした国家公務員法改正案は13日午後の衆院本会議で採決され、与党の賛成多数で可決される見通しだ。法案は、官僚トップの事務次官から部長級までを同格とみなし、各府省横断の幹部候補者名簿を作成。公募した民間人も含めて適格性審査に合格した人を載せ、その中から幹部職員を任命する内容。

 採決に先だって、自民、共産、みんなの3党は13日昼、衆院内閣委員会の田中慶秋委員長(民主)に対する解任決議案を提出。与党の反対で否決される見通し。

太地町民の水銀濃度「全国平均の4倍」 「健康被害」大丈夫なのか(J-CASTニュース)
<もんじゅ>制御棒挿入操作にミス 試験を一時中断(毎日新聞)
夫婦別姓、選択肢を用意=千葉法相
冬に貯めてしまった“アレ”を落としましょう!<前編>
反捕鯨SS船長、27日に初公判 東京地裁(産経新聞)
AD