在留資格を偽ったフィリピン人を雇って外国人パブを経営していたとして、大手広告会社「電通」の社員が入管難民法違反(不法就労助長)の疑いで、神奈川県警に逮捕されていたことが28日、捜査関係者と同社への取材で分かった。

 逮捕されたのは、相模原市中央区南橋本の電通社員、鈴木修一容疑者(48)。県警によると、「遊興費などで約4300万円の借金があった」と供述、副業として違法にパブを経営していたことを認めているという。

 県警の調べによると、鈴木容疑者は平成18年8月から今年5月まで、経営する神奈川県愛川町のパブで、不正に入国させたフィリピン人の男女4人=同法違反容疑で逮捕=をホステスや店員として雇った疑いが持たれている。

 鈴木容疑者は愛川町に実体のないホームページ制作会社をつくり、フィリピンの関連会社からウェブデザイナーとして転勤させる名目で日本の在留資格を取得させていた。

 電通広報部は「当社の社員が逮捕されたのは大変遺憾。容疑内容については確認中」と話している。

【関連記事】
現地で結婚式も フィリピン女性と偽装結婚仲介 パブ経営者逮捕
かけるチーズ、パブでブームに
キャバクラ経営者起訴 2億8千万円脱税
キャバ嬢から天引きの所得税を脱税 経営者逮捕
「出会い系喫茶」「偽装ラブホテル」を規制へ 風営法改正 警察庁
iPadが上陸

知人に農薬混入コーヒー=殺人未遂容疑で男逮捕―長野県警(時事通信)
ニュージーランドでは「世界最速の英雄」 「日本は船を沈めた責任を負うべきだ」(産経新聞)
民主・辻副幹事長、検察審査会への接触認める(読売新聞)
「意見交換しただけ、引き続き話し合う」官房長官(読売新聞)
マンション火災、1人死亡=13人重軽傷―札幌(時事通信)
AD