政府は27日の閣議で、新党「たちあがれ日本」が参院比例選で新党日本と同じ「日本」を略称として届け出たことについて、「公職選挙法の下では、中央選挙管理会には届け出の受理に関する裁量権の行使は認められない」とし、現行法では同じ略称となる届け出でも受理せざるを得ないとする答弁書を決定した。

 新党日本の田中康夫代表の質問主意書に答えた。田中氏は同日の記者会見で、「目の前に想定されている混乱や誤認を、規定がないから放置するということだ」と政府の対応を批判した。

母子殺害の死刑判決を破棄、差し戻し…最高裁(読売新聞)
口蹄疫疑い牛4例目=殺処分264頭に拡大-宮崎(時事通信)
<福知山線脱線>足に後遺症の23歳、作業療法士の夢に一歩(毎日新聞)
普天間移設、日本が現行案受け入れの意向…米紙(読売新聞)
「県外」要求大会 沖縄知事出席へ(産経新聞)
AD