たとえば、最近あの人はどうしているかしら?と思っても、
その人に連絡を取ってみる、ということができない。
今思うと、授業中に回す小さな手紙もほとんどが返信だった。
「用事はないけど」ができないタイプの人間なのだ。

いやいや。最近あの人はどうしているかしら?と思うとき、
退屈なとき、自分の日々のできごとを話したいとき、というのは、
誰かに対峙する立派な用事(動機)、なのかもしれない。
私が受け取る側になったら、むしろとても嬉しいと思う。
「ただ声が聞きたくて・・・」なんて、場合によっては結構グッとくる。
でも、私は、できない。(用事があっても、できないくらいだ。)

ブログというのは、こんな私の一種のリハビリのような場所だ。
わりと「用事はないけど」更新していたし、それも結構楽しいと思った。
特定の人への発信(限定公開など)よりも、
見ているかもしれない誰かへの発信は、
見ていないかもしれないのだから、なんだかよかった。
見たいときに見てくれればいいな、と思っていた。

ただ、多くのひとに見てもらいたい訳ではなかったので、
アクセス数が増える(減らない)と恐ろしかったし、
知人が見ていることが分かるといちいち閉鎖したくなっていた。

でも、なんとか続けてみた。
すでに完全な一人遊びではないけれど、誰かのためのものでもないし。
俳句(創作)へのスタンスにも似ているかもしれない。


ええと、
スピカ内にブログを移転します。

http://spica819.main.jp/noguchiruri/noguchiruri-kurasu


別にここを削除してしまう訳ではないですが、
リンクやブックマークを変更していただけるとありがたいです。

これからもどうぞよろしくおねがいします。

$wwwqpwww
AD

スピカ

テーマ:
$wwwqpwww


スピカ(spica)、始めました。俳句ウェブマガジンってやつです。

http://spica819.main.jp/


神野紗希さんと江渡華子さんと一緒に、中の人をやっています。

こーゆーのやってみよっか、と企画してから、
本当に駆け抜けるようにいろいろと決め、
もう出来上がってしまった感じです。(と、ビックリしているのは私だけかも?)



どうぞよろしくおねがいします。
AD

私のあしながおじさん

テーマ:
$wwwqpwww



アルバイトしている卯波に、私宛のケーキが届いた。

・・・どなたからか分からない。

届けてくださったケーキ屋さん曰く、
「お年を召した、大柄で、パーマがかった髪の、男性」だった、とのこと。
注文の際、お名前を仰らなかったそうだ。
デリバリーは受けていないお店なのに、そこを頼むよー、と仰ったらしい。


店主と、しばし悩む。

・・・もっと分からなくなる。(ドキドキドキドキ



とにかくとてもハッピーなことなのです。

もしもこのブログをご覧になっておられましたら、コメントいただけると幸いです。
どうもありがとうございました!

AD

4月25日

テーマ:
$wwwqpwww-20100423(004).jpg


しはんせいき、ってやつです。

実年齢より3歳くらい上に見られるのが、ずっと理想です。
現状は、残念ながらあまり叶っていません。
でも、いつか逆転(3歳くらい下に見られるのが理想)するんでしょうね。


「今」が、(あの頃の)「将来」なのだということに、眩暈。これからもずっと。

積もる

テーマ:
$wwwqpwww



東大の新入生歓迎吟行に少し参加。
ぴかぴかの新入生をはじめ、もちろん年下の子が多い。
自己紹介のとき、「ノグチルリです。ええと、ちょっとお姉さんです。」
と言うと、なぜかウケた。なぜ。
もっとずっとお兄さんがいらっしゃったので、ちょっと、なのです。



先日のあるきだす言葉たち、感想などいただいて嬉しかったです。
このブログへの検索ワードで、「(私の名前)」が、
ここ1週間で92件あったのは、もはや恐ろしい事態ですが!

さて、プロフィールに、
「結社に属さずに句作を発表。」とあるのは、編集部の付記です。
私は関与していません。なので、そこ突っ込まれても、コメントできません。
輝かしい経歴で紙幅を埋められない私を気遣ってくださったんでしょう・・・か。
ビミョウな文ですよね。事実ですが、んん、違うんだな。また改めて書こう。


そして、プロジェクト始動しつつある、葉桜の頃!

「空の下」

テーマ:
$wwwqpwww


4月12日(本日)の朝日新聞夕刊(一部地域では翌日朝刊)
「あるきだす言葉たち」に、15句寄稿しています。


余談ですが、
プロフィールを「1986年生まれ。東京在住。」
と提出したら、短すぎる、とのこと。
どうしよう、私、ただのひとなんですけど・・・、と担当の方と困った結果、
想定内でありきたりなのを少し加えてます。
私としては、充分だったんだけどな。長いのってかっこわるいよ。
ついでに、近影(妹撮影)も掲載されています。充分すぎる!



どうか無事でいてほしい、というエゴに嫌気がさしつつも、
そう願わずにはいられません。どうか皆様ご無事で。

ピアニッシモ

テーマ:
$wwwqpwww-20110409-002.jpg



私の人生の謝罪の90パーセントが、時間が守れないことに対するものだ。
これが真実で、結構深刻。

最近では、「待ってくれてありがとう」なんて、
巧妙に謝罪から感謝へシフトしはじめた。本当にありがたいことなのです。

そろそろ見放されそうなので、しっかりしなきゃ。

***

気がつくと、友達は皆、すっかり忙しい社会人になっていて、
ひまな私に「幹事」を任されることが増えてきました。!。
責任感ないゆえ、極力避けてきた幹事ですが、やればできるものですね。
(時間にルーズなことを謝罪しつつ、許してくれることに感謝しつつ)
こうして、私も社会のなかに生きていることを実感しています。

***

ビニール傘ごしの桜。はなびらが乗ったりもして、たのしい。

一茶まつり

テーマ:
wwwqpwww-20110311-001.jpg



炎天寺一茶まつり全国小中学生俳句大会の選のお手伝いをしました。
表紙、めっちゃかわいいですよね!裏にはトラとウサギがいます!
(この本の表紙が好きで、写真をアップしたかった)
秋雨の降る頃、お寺で全国各地の小中学校からの短冊に囲まれたなあ。


***

いはたさん(早大俳句会の幹事)、今年で大学卒業。久々にお茶する。
実家に帰るそうです。介護のお仕事をするんだとか。
俳句会の幹事は、かねださんが継いでくれるようです。よかったね。

いろいろ暗い話題も尽きない中で、
「るりさんが就活する頃にはきっと景気良くなってますよ^^」と言ってくれた。
・・・いつだよッ?!(いろいろな意味で)


***

そうそう私、今年が『大殺界』らしいです。!。
他人の運勢まで調べて教えてくれる優しい人がいるんです。(嫌味でなく)
テンノーセージンプラスどうこうより、世界は愛で満ちているなあ、と嬉しくなる。


***

てな訳で(?)、2012年度は、論文執筆に専念します。
ほとんど誰の琴線にも触れない分野の、密かな音色に耳を澄ませて。
$wwwqpwww


キシモトさんが「おつかれさマウンテンゴリラ」と発言したのは、
2年前の9月のことでした。ぽぽぽぽ~ん!!


年末にイヤフォンをなくして、
それ以来、ノーミュージックな日々だったのですが、
(ちなみにノーミュージックでも平気な人間です)
最近、耳あてにもなるかと思い、ヘッドフォンを導入してみました。
ちょっと楽しいです。
むしろ音楽再生せずにつけてます。家の中でもつけてます。
ファッションを選ぶところが難点ですな。


ひさしぶりに、俳句の友人たちと会った最近。
個展(中島潔展)行ったり、うなみに来てくれたり、句会したり、お酒飲んだり。
ゆーむ兄さんに四角いネコ(写真)をいただきました♪
ネットを通して、みんなの近況も少し知っているつもりだったけど、
リアルでいろいろ新情報を引き出せて面白かったw
私もそうだし、当たり前なんだけれど、書かないことのほうが多いんですよね。


危機感が欠落している私でも、それなりに不安を感じる日々です。
みなさまどうかおげんきで。

私が神様だったら、

テーマ:
$wwwqpwww



東日本大震災で被災された方々に、心よりお見舞い申し上げます。
まだまだ混乱した不安な日々が続きますが、どうかご無事でいてください。


ちょっと黙っていましたが、
詩人の野村喜和夫さんが詩歌梁山泊でおっしゃっていた、
表現を失ってしまう沈黙状態をくぐってきた言葉の力というものを信じたい
という気分なのです。
なので(?)、自分の最近のことだけを少し書きます。


発生から週末まで、家でひとり過ごしていたので、さすがにすこし滅入りましたが、
平日は、バリバリ銀座や渋谷でお仕事してます。
たとえば今週は毎日、卯波(節電営業)にいます。苦しくとも開けています。
妹は、元々そういう予定だったのですが、ちょうど帰省しています。


ちなみに地震発生時、東京の自宅にいた私は、お風呂に入っていました。
お察しのとおり、
昼間っから湯船で過ごす私は、マットーじゃありません。お風呂は安全らしいけど。
あの地震のとき何してた?というきっと何年も先まである質問に、苦笑い対応。


やらない善よりやる偽善、とか言いますが、あくまで私は、善を目指して。