私は本日から遅ればせながらの3連休です。そこで問題。

Q:私は今どこに居るでしょうか?
A:鳥取県

そうなんです。私は今鳥取県にいるんです。皆生温泉の或るホテルでこの駄文を書いております。

鳥取県に『お菓子の壽城』って観光スポットがありまして、そこで遊んでおりました。壽城の住所は米子市淀江町佐陀1605-1です。
私はそこで何かを思い出しました。

『知盛ってこの辺りに住んでんじゃね?』

知盛のエロ按摩屋の住所は『米子市淀江町佐陀2046-2』何だか近そうである。
レンタカーのナビでエロ按摩屋を検索。しかしナビのグレードが低いのか古いのか理由は分からないが佐陀2036しか検索出来ない。佐陀2046-2が出て来ないのである。
まぁ仕方無いので佐田2036で検索。約6分で着くみたいである。せっかくなので車を走らせた。
ナフコ米子店でナビゲーションを終了した。ナフコに車を停めた。『さぁて按摩屋を探すかな~』と駐車場から出ると知盛城発見。ナフコから徒歩2秒(笑)ナフコと併設www

知盛の店の看板が新しい。『南アジアマッサージ』と書いてある(爆笑)何だよ南アジアマッサージってwググっても南アジアマッサージなんか出てこねーしw知盛が生み出したマッサージみたいですね。あいつ何やってんだか(笑)


その後、境港の水木しげるロードへ。昼食は決めていた。『3万は要るいろは寿司』『廚次郎の体験したいろは寿司』

味噌汁しん、またの名を魚汁を頂きましたよ。大して飲みたくなかったけど。

ここ本日の笑う所ですよ。落ちの部分です。
味噌汁しんの正体はとろろ昆布・湯葉・蒲鉾、合計3種の具材が入った『お吸い物(爆笑)』
味噌入ってねーしw

因みに上握り一人前¥2500でした。大将が良い人だったのでいろは寿司に関する話題はここまでにしておきます。

明日は鳥取花回廊へ行きます。鳥取県は良い所ですね。
創価学会員ってバカなの?死ぬの?-20101011100904.jpg
AD

【創価】教学部任用試験って

テーマ:
創価学会員ってバカなの?死ぬの?-q1246590357_1_320.jpg

創価ネタで思わずワロタw
11月に教学部任用試験が行われるそうである。

【以下教学部任用試験における日常的評価点について抜粋】
本年2月4月9月の御書講義の受講回数、これまでの任用試験受験回数、聖教新聞の購読(マイ聖教)も日常評価点として考慮します
【抜粋終わり】

日常評価点のポイントは3つあるようですね。
①御書講義の受講回数
②受験回数
③おい、聖教新聞たっぷり買ってるか?

①は許す。合理性があるといえる。②は突っ込み所が多数あるが、オチが素晴らしいのでスルー。

でもってオチの③

聖教新聞沢山買ったら任用試験に受かり易くなるんだって(笑)
さすが創価学会。金で試験の点数が買えるそーですよwww

創価学会って本当に露骨に金集めてますね。カルト宗教丸出しで僕は嬉しい
AD
ブログネタ【恋人や夫・妻の携帯電話を覗き見しますか?】

はい、僕は普通に見ますよ。サラリとね。でもね、それは昔の話なんだよねー。


今や創価嫁を家族としか見てない僕は全く覗き見などしてませんでした。きっと愛が冷めたのでしょう(笑)

でもね、昨日ソファーの上に嫁の携帯がある訳ですよ。嫁は風呂に入ってる訳ですよ。嫁は長風呂な訳ですよ。そりゃ覗き見しますよ。



ショックでした……
なんか業務連絡ばっかなんです。勿論選挙関連ばっか。

妻「知人4名期日前投票済まさせました。F4追加して下さい。」
Re「ご苦労さまでした。」
みたいな内容ばっかりです。

またある日の友人からのメールは
「○○のクッキー美味しかったわ。私も投票行こうかな~」
みたいな感じ。私の嫁さんが手土産片手にF票集めに奔走している様子が伺えます。
私のいない昼間、真っ赤な薔薇と白いパンジーの横でレースでも編んでるかと思いきやF票集めに必死だったとはw


まあね、コレが創価学会員にとって正しい姿なんですよ。うん。必死に駆け回るのは当然なのです。

なのに…あれれ?選挙の時期にも拘わらず、ブログやぐるっぽなんかで書いてる創価学会員がいますよ~(笑)コラ駄目だろw

カス創価学会員が今日何喰ったとか、日々のしょーもない出来事とかブログに綴るなよ。全然興味ねぇーし。

そんなことする時間があるならF票集めしろよなカスw


正直な話、F票集めもロクにせず、ブログなんかをやってる創価学会員なんて創価の中でも落ちこぼれだろ?って話です。

一般社会生活でも落ちこぼれ、創価学会の中でも落ちこぼれ、正に人生の落ちこぼれなんですね。


~結論~
ブログやってる創価学会員は人生の落伍者である。

~追記~
F票集めをロクにせず、フットサルやママチャリをシコシコ洗ってる鬼武者という創価学会員がいます。
彼は「創価ブロガーは人生の落伍者である」という私の持論を証明してくれる素晴らしい人物ですw
AD