鳩山由紀夫首相は31日午後の党首討論で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先について「腹案は既に用意している」と述べた。同時に「県内であるとか県外であるとかお答えできない。腹案をおおっぴらにすることはできない時期だ」として、現時点では公表しない方針を改めて強調した。
 また、首相は「現地の了解は取り付けないといけない。全力を傾注する」と強調。「ある時期には地元の皆様のところにお邪魔して、対話したいと思っている」と述べ、移設候補先を自ら訪れ、住民に理解を求めていく考えを示した。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔写真特集〕美しすぎる市議 藤川ゆり
辞任せず職責果たす=鳩山首相
米政府、シュワブ沿岸案主張=「交渉、非常に厳しい」
政府案「方向出ている」=平野官房長官

<公務災害>教諭自殺の背景 生徒の暴力認定 大阪地裁(毎日新聞)
食品安全庁を設置へ=農業基本計画に明記-政府(時事通信)
【第48期囲碁十段戦 本社主催】第2局 張十段、逆転で連勝(産経新聞)
<偽装献金>ずさん「首相マネー」 実母の12億円は闇(毎日新聞)
アパートで練炭心中か 年下男性の遺体に刺し傷(産経新聞)
AD