放送受信契約を結んでいるのに受信料を支払わないとして、NHKが東京都練馬区の男性と江東区の男性に支払いを求めた訴訟の控訴審判決が29日、東京高裁であった。稲田龍樹裁判長は男性2人の控訴を棄却し計約19万円の支払いを命じた。支払い訴訟で高裁の判断が出たのは始めて。

 男性らは、「契約と支払いの強制は憲法に反する」などと主張していたが、稲田裁判長は「契約義務を定めた放送法には合理性がある」と退けた。

【関連記事】
NHKに「良心」はある?相撲観戦など楽しめるか!
NHK受信料負担の基本観、若者中心に薄れる
タレント候補からNHKの受信料まで…「私も言いたい!」
1人が支払い NHK受信料、強制執行申し立てで
受信料不払い5人に強制執行 NHK
あれから60年。北朝鮮の脅威は…
AD