猟銃などの所持許可業務で必要な手続きを怠っていたとして、鹿児島県警は21日、県警加治木署(現姶良署)に勤務していた警察官ら14人を減給などの懲戒処分とし、10人を本部長訓戒などとしたと発表した。
 処分を受けた警察官らは、同署に常駐していた銃砲保安協会の30代の元女性職員に業務を任せていた。元職員は必要な調査をせずに許可証を交付していたとされ、県警は有印公文書偽造、同行使容疑で元職員を立件する方針。
 県警監察課によると、警察官らは1994年から2007年にかけ、許可申請の受理業務や申請者の調査を怠った。元職員も調査せず、許可証の更新や有効期限の改ざんを続けていたという。
 不正が行われていた14年近くの間に、正規の手続きを経ず許可された申請は434件。うち17件は新規の所持許可だったが、県警生活環境課は「調査の結果、所持に問題はなかった」としている。
 長嶋良警務部長の話 業務管理の徹底、再発防止に万全を期したい。 

【関連ニュース】
田辺三菱社長の役職解任=子会社のデータ改ざんで
「論文不正あった」解雇認める=筑波大元教授敗訴
上司に暴言、同僚を暴行=職員を停職処分
田辺三菱製薬を業務停止=子会社が試験データ改ざん-16項目で薬事法違反・厚労省
病院理事長らを書類送検=カルテ改ざん、患者拘束死

出席表明は先送り=普天間、県内移設反対の大会-沖縄知事(時事通信)
<金沢切断遺体>飯沼容疑者を再逮捕 殺意は否認(毎日新聞)
ガソリン右肩上がり 7週連続価格上昇 東北(河北新報)
<名古屋市議会>恒久減税案など否決 河村市長「戦い続く」(毎日新聞)
また神戸で工事資材盗まれる(産経新聞)
AD