任期満了に伴う京都府知事選は11日投開票され、無所属で現職の山田啓二氏(56)が、無所属新人の病院長門祐輔氏(54)=共産推薦=を破っての3選を確実にした。
 前回に続いて、「非共産対共産」の一騎打ちの構図となった。山田氏は過去2回の選挙戦と異なり、政党の推薦は受けなかったが民主、自民、公明の3党が実質的に支援。また、連合京都や経済界、市町村長らの支持も受けながら2期8年の実績を強調し、手堅く票をまとめた。 

「彼女を迎えに」ひき逃げ容疑で24歳逮捕(読売新聞)
千葉・大原海水浴場でオットセイ保護(産経新聞)
<高松塚古墳>飛鳥美人など一般公開 文化庁、希望者募集(毎日新聞)
小学校にミカン植えた男逮捕=130本、一部土地所有-宮崎県警(時事通信)
議員立法を事実上解禁 民主、参院選前にガス抜き(産経新聞)
AD