独立行政法人・国立高等専門学校機構は22日、21日に実施した国立高専の入学者選抜学力検査の理科で出題ミスが見つかったと発表した。国立高専の志願者は全国51校で計1万3063人。受験生全員に得点(3点)を与えることにした。

 ミスがあったのは、塩酸にBTB溶液を加えた際の変化について、原因となったイオンの名称などを答える問題。11年度からの新学習指導要領で中学3年が学ぶ内容だったが、09年度からの移行期間中は必須ではなかった。採点者が他の問題に比べて正解率が低いことからミスに気付いた。

【関連ニュース】
国歌斉唱・不起立:教職員の氏名収集を継続…神奈川県教委
小学校の英語授業:否定的な中学生多数…教研集会で報告
文科省:新学習指導要領に対応したIT教育の手引き公表
小学校英語:副読本「英語ノート」で公開授業 東京・小名木川小で
サンデーらいぶらりぃ:斎藤 貴男・評『学校教育と愛国心』藤田昌士・著

関東北部で震度3(時事通信)
<五輪スノーボード>「応援に感謝」…国母が帰国(毎日新聞)
<強盗殺人>被告に無罪判決 調書の信用性を否定 大分地裁(毎日新聞)
<浜岡原発被ばく事故>保安院が規定違反の中電を注意(毎日新聞)
窃盗容疑で来週再逮捕へ=ブラジル人の男4人-名古屋ひき逃げ・愛知県警(時事通信)
AD