ライターによる子どもの火災や事故を減らそうと、業界団体の日本喫煙具協会(東京)は27日、体操のお兄さんとして知られる佐藤弘道さん(41)を「安全大使」に任命し、適切な管理を呼び掛けるチラシの配布や、啓発イベントを行うと発表した。
 使い捨てライターは来年夏にも、子ども向けの安全機能がない製品の販売が禁止される見通し。しかし規制前のライターは多数あり、協会では新たな事故の発生を防ぐため、初めて大規模なキャンペーンの実施を決めた。 

【関連ニュース】
当世「新成人」諸事情
【特集】健康になりたい!メタボにはこれが利く
受動喫煙で血圧上昇=住民調査で明らかに
「たばこやめて」、1位は「嵐」=市民団体主催のコンテスト
「名前を聞いて確認を」=振り込め撲滅月間で橋幸夫さん

大阪高裁長官 大野氏に決定(産経新聞)
民家全焼67歳?死亡 兵庫・姫路(産経新聞)
口蹄疫「給食に影響ない」=川端文科相(時事通信)
裁判員制度 裁判官も「良い経験」…東京高裁で意見交換会(毎日新聞)
<医療事故>ガーゼ取り残し、25年後に摘出 長崎(毎日新聞)
AD