鳩山由紀夫首相は21日午前、政府が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設先に検討している鹿児島県・徳之島の3町長が平野博文官房長官との会談を拒否したことについて「今、大変厳しい天気かもしれないが、必ず5月末までには五月晴れにしなければいけない。そのために全力を挙げて頑張っている」と述べ、引き続き協力を求めていく考えを示した。

 首相公邸前で記者団に答えた。

 首相はその上で、「沖縄の皆さんの今日までの大変大きな負担を、どうやって和らげることができるか一生懸命考えている」と語り、沖縄の基地負担軽減の必要性を重ねて強調した。

【関連記事】
沖縄と米兵との知られざる「絆」
勝負の電話…首相「存ぜぬ」 政権崩壊過程物語る意思疎通の欠如
徳之島3町長は官房長官との会談拒否 普天間問題で5月決着困難
キムタク月9に同名原作あった!5月発売
5月15日に日中韓外相会談 韓国・慶州で
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

介護保険貸与品目に認定後、昨年に3件の事故―可搬型階段昇降機(医療介護CBニュース)
「缶詰料理」ひと工夫で“料亭の味”(産経新聞)
消費税率引き上げ、民主に要求…知事会特別委(読売新聞)
<北名古屋市長選>長瀬氏が再選 愛知(毎日新聞)
エア・ドゥ機が羽田引き返し=異常表示で右エンジン停止(時事通信)
AD