ジャーナリストの有田芳生さんら有識者7人が中心となり、拉致問題解決を訴える意見広告を国内外の主要紙に掲載している「意見広告7人の会」は31日、インターネット上のミニブログサービス「ツイッター」を利用し、北朝鮮の人権問題への国際的な関心を高める新たな取り組みを始める、と発表した。

 同会ではツイッターに「tadaimajp(ただいまjp)」という専用アカウントを開設。4月1日午前0時から、拉致被害者家族の横田滋さん(77)、早紀江さん(74)夫妻などの写真やメッセージを随時、掲載する。

 同会ではサイト内でワンクリック募金も実施し、集まった資金で新たな意見広告を掲載したいとしている。

普天間移設 外相、5月決着を伝達 米国防長官「同盟に重要」(産経新聞)
2人組が催涙スプレー強盗 大阪市(産経新聞)
練習中に倒れ植物状態、4億円賠償求め両親ら提訴(読売新聞)
4児死亡火災で現場検証=出火原因調べる-道警(時事通信)
<水俣病>29日に和解合意…不知火患者会が受け入れ決定(毎日新聞)
AD