陸上自衛隊航空学校霞ケ浦分校(茨城県土浦市)の宿舎で、隊員の松原孝吉さん(当時25歳)が同僚に殴られ死亡した事件を巡り、両親が国に賠償を求めた訴訟は14日、東京高裁(奥田隆文裁判長)で和解が成立した。両親側の弁護士によると、国側が一定限度の安全配慮義務違反があったと認める格好で、解決金を支払うという。

 1審・東京地裁は昨年4月、公務災害と認定して約3170万円の補償を国に命じたが、賠償責任は認めなかった。控訴審では、賠償の根拠となる安全配慮義務違反が国にあったかが争われていた。

【和田武士】

【関連ニュース】
顔にやけど男女差認定:厚労省控訴断念 障害等級見直しへ
労災認定:会社員自殺はパワハラが原因 島田労基署
労災:顔にやけど「性別で障害認定に差」は違憲…京都地裁
口蹄疫:畜産農家の国民年金保険料を免除
過労死訴訟:「日本海庄や」社長らに7860万円賠償命令

<はやぶさ>帰還したカプセル画像公開 午後回収へ(毎日新聞)
<五所川原市長選>平山氏が再選 青森(毎日新聞)
<センター試験>来年1月15、16日に実施(毎日新聞)
国民新党 新幹事長に下地氏、国対委員長など兼務(毎日新聞)
【菅内閣発足】稚拙な与党、動けぬ野党 国会会期延長めぐりにらみ合い(産経新聞)
AD