昨年7月の大相撲名古屋場所で、日本相撲協会に一定額以上の寄付をした団体・個人向けの維持員席で暴力団幹部らが観戦し、席の手配に現役の親方2人がかかわっていたことが25日、愛知県警などへの取材でわかった。

 維持員席のチケットは、土俵に近く、一般の観戦者は手に入れることが出来ない。県警は、親方が入手に便宜を図ったチケットが、暴力団幹部らにわたり、観戦につながったとみている。相撲協会も事実関係を把握しており、近く関与した親方を処分する方針だ。

 県警によると、かかわったのは40歳と64歳の親方2人。

 名古屋場所は同月12~26日、同県体育館で開催された。捜査関係者によると、少なくとも数日間にわたって、山口組弘道会傘下の暴力団幹部ら延べ五十数人が、土俵下にある維持員席で観戦していたのを県警が確認した。

刑務官暴行 「国は賠償請求可能」 間接的な責任言及(毎日新聞)
起訴内容に「間違いない」=民主・小林氏陣営の会計担当者―北教組献金事件で初公判(時事通信)
<シバザクラ>見ごろ迎える 北海道・滝上 (毎日新聞)
振り込め詐欺、4月は27%減=「おれおれ」は増加―警察庁(時事通信)
タクシーのトランクに運転手の遺体、殺人か/神奈川・平塚(カナロコ)
AD