qiaobaby count ten

qiaobaby count ten


テーマ:

専門家から、経過や処置の説明を聞く。
わたしは必死で理解しようとする。
とりあえず、説明されたことの全ては理解できた。
説明してくれる人は、誰にでもわかる用語や、表現で、ゆっくり確認しながら話を進めてくれるからだろう。

全て理解できたが、いざ、それを第三者に伝達するとなると、、、できない。
結果しか伝えられない。

「長々説明してくれて、オッケーみたい」
「あれこれアプローチしたらしいけど、ダメみたい」

人を説得し結論に導くには、プロセスこそ大事である。
なのに、わたしは、そのプロセスを自分の中で納得し、キレイに消化してしまって、結論しか残っていない。

なので、人を説得できない。
「なんか知らんけど、こうなんだって」
そういうオシでは、誰もわかってくれない。

「あんたの説明は、よくわからん」と、もし言われたら、
「よく知りたかったら、自分でもう一度、説明を聞きに行ってちょーだい」
と、へんな開き直りとなる。

まったく頼りにならない。
自分本意の情報処理能力である。
理解分は、溶けて内臓に入り、あとは結論しかない。

しかし、理解できないことがある場合、そこで止まる。
わかろうと努力する。
が、結論に達しないまま、進まず止まっている。
そういう時は、消化されず、固形物のまま抱えることになる。

はたして、どっちがいいんだろう?

すんなり結論のみ、その事項はクリアするものの、人には伝達できないバージョンか、
四苦八苦、すったもんだ、だが、何時間でも熱弁をふるう難題未解決バージョンか。

ダメでもオッケーでも、自分がその案件に執着心や未練がない場合は、さらりとクリア。
たとえ、人生の重大事であろうが、「だいたい、なんでも、そんなもん」と、あっさりのこともある。

こだわるか、こだわらないか、なのだろう。

いくらこだわっても、どうしようもないことは、さっさと手から放す。
だから、気合いを入れていないから、第三者には伝達できないのだと推測する。

人の目には「なんにも考えていないアホ」と映るだろう。

しかし、精神的に自己弁護したところで、知識、記憶力、伝達能力としては明らかに脳の働きはよろしくない。
上等の脳とは絶対に言えない。
だから、やっぱりアホなのだ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。