KK

テーマ:
K…こうなりたい
K…こうありたい

いにしゃりあんの皆様こんにちは!
マネージャー4年、SとうSうしです。

2年の春に正式入部して以来毎回必死に考えて書いていたいにしゃるとーくも今回がラストだと思うと感慨深いです…

この3年間は僕にとって変化と適応の繰り返しでした。悩んでは進み、迷っては変えるをひたすらリピートしていました。

結果として少しはなりたい自分に近づけたのでしょうか。良いマネージャーであれたでしょうか。

こんな僕と時間を共にしてくれたWUSTの仲間達、多くのことを教えてくださった先輩方、コーチ志望の僕にプロの背中を見せてくださったOくのさんやスタッフの方々、そして僕を誰よりも理解し、様々な形で投資してくれた両親にまずは感謝の言葉を述べさせていただきます。

ありがとうございます。

今回は僕なりのワガママとして僕について書かせていただきたいと思います。


2007年3月、日本地図の左端の方にKたじまKうすけ選手に憧れる本と昆虫と水泳が大好きな少年がいました。ピュアな頃のSとうです。


彼は小学校のタイムカプセルに20歳の自分に宛てたこんな手紙を入れました。(実物)



(その後心と体が大きくなるにつれて夢は少しずつ変わっていきます。本屋さんとか作家とか先生とかイラストレーターとかイルカの調教師とか。夢見がちすぎワロタ)


あの手紙から7年後の2月、色々なきっかけがあってやっぱり水泳のコーチになりたいと早稲田大学スポーツ科学部に入学したSとうは色々考えてマネージャーとして水泳部に入ります。


本当に色々ありました。
喜怒哀楽すべてがフルに詰まった濃い時間でした。


JISSに行ってみたり…

静岡合宿で主将のHやしKずきさんと同室にしていただいたり…

グアム合宿でOくのさんと同室にしていただいたり…

メキシコまで行ってみたり…

同期が50BrでJAPAN OPEN優勝したり…

オリンピックをみんなで観戦したり…

最後には国内合宿をやってみたり…

こうやって書き連ねると書ききれそうにありません。

そもそも僕にとっては全国大会決勝の舞台を経験しているような選手達がゴロゴロいるチームでマネージャーが出来たことやそんな選手達が大舞台で活躍するのをサポート出来たこと自体、夢のような経験でした。

そして日本代表選手達の世界水泳やオリンピックでのあの活躍。

特に同期のDいやと、今年一緒にメキシコに行った後輩のMさと&Iっぺいにはこの夏トップスイマーのレースを見せてもらいました。


「世界に羽ばたけるような選手を育てる」


そんなSとう少年のいかにも夢らしい夢はこの3年間で当時よりも少しだけリアルに近づいたように思います。

そして今、これまで培ったものを全てぶつける時が来ました。今までのどの大会とも違う心境です。少し不安ですがとてもワクワクします。

心から信頼してどんな大勝負でも任せられる選手達と、

共に選手を支える立場として必死に戦うマネージャー達と、

僕達学生を見守り導いてくださるスタッフの方々と、

いつも側で応援してくださる保護者の方々と、

(もちろん、いにしゃりあんの皆様と、)

全員で1つの目標に向かって進むインカレにしたいです。

さて、最後になりましたがここのところいにしゃるとーく本来の姿であるWUSTのみんなの日常の様子がやや少なくなっております。(おかげさまで我々4年生が各々どうしても話したいことがたくさんあるからでございます。)

そこで僕からは浜松合宿や本日開催したBBQの楽しげな写真をいくつかチョイスしていにしゃりあんの皆様に送らせていただきます。
(浜松合宿の写真、半分以上は僕が撮ったとよ!)

















皆今までありがとう。
3日目の最後の最後まで全員で全力で戦おう。

PRIDE。
AD

A

テーマ:
A ありがとう



いよいよ最後のいにしゃるとーく担当となりましたKうやまです。


水泳部に入ってよかったことはたくさんありますが、その中でも




最高の同期と出会えたこと。



これについて書きたいと思います。


自分の同期は本当にレベルの高いスイマーばかりで、入部当初はこの中でやっていくことができるのかと不安に思っていました。

同期↓↓

オリンピック3位SとDいや
三重のスプリンターAらきYすけ
努力の天才YすだJゅんき
ギャグ線、泳ぎもレベルの高いYぎJゅんぺい
宮城のカリスマOぬまTける
ストイックWだMこと
本当に天才UえのMさと
筋肉マネージャーSとうSうし

みんな本当に優しくて、この水泳部で自分の限界までチャレンジしたいと思いました。






{E880E74A-B89A-42F9-8EED-A2C63C03E317}


これは一年生の4月の写真
Yぎの誕生日の時に撮った写真です。
まだ入寮したてということもあり、緊張していてみんな顔がこわばっています。


短めに思い出も書いていきます。
一年生のころは仕事も多かったのですが、これも社会にでるための準備期間だと自分に言い聞かせながら毎日を過ごしていました。同期と喧嘩まではいかずとも、言い合ったりうまくいかなかったりもしましたが、いまとなっては辛い日々も良い思い出で、同期でご飯に行ったときには一年生のころの話をして盛り上がるほどです。密度の濃い一年間でした。






{27D3D968-F053-4C53-A97B-2429D9F03272}


これは二年生の4月
毎年Yぎの誕生日に同じ場所・同じ立ち位置で写真を撮ることになりました。

二年生は仕事もなくなり初めての後輩ができて、ひたすら水泳が楽しかった記憶があります。三年生になって選手を引退してしまうので、実質選手生活最後の一年間でした。レベルの高い早稲田大学水泳部の中で、毎日きつい練習してご飯食べて寝ての繰り返しをしているだけで幸せでした。ベストが出た時に周りのみんなが喜んでくれたりするのが新鮮で、改めてチームっていいなって思えました。






{EB713F5B-5DD6-4B7C-8FFD-72C672E90557}


三年生の4月
みんなこの日に撮るのを楽しみにしてるのではないかってくらい、いい笑顔をしています。

三年生の4月で選手を引退して、主務としてチームに携わることになりました。OBOG・保護者をはじめとするたくさんの方々が水泳部を支えてくださっていること、僕らが毎日当たり前のように泳がせてもらっていることのありがたみに気づきました。


話はそれてしまいますが、これは同じ距離を泳いでいたYぎへの感謝の気持ちです。直接は恥ずかしくて言えないので、ここに書きます。中には聞いたことある人もいると思いますが、ご容赦ください。

Yぎは200m400mの選手なので練習をいつも一緒にしていました。練習中はもちろん僕より速くて、それでも泳ぎのアドバイスをしてくれるのが本当に嬉しくて、一回だけでもいいから試合でYぎに勝ちたいと心の中で思っていました。しかし、自分の努力不足で引退という結果になってしまいました。引退レースのときに招集所まできて握手をしてくれたのは今でも忘れられません。Yぎも自分のレースが直前に控えているにも関わらず、僕のところにきてくれたことが嬉しくてゴーグルの中は涙だらけになっていました。Yぎだけでなく、僕の同期は心優しくて、一生の宝物だと思います。





{E51892C4-8788-44AA-914F-45678432B965}


話はそれてしまいましたが、四年生の4月

ここまであっという間だったなと感じます。とにかく、たくさんのことを学ばせていただいた四年間でした。



インカレまであと10日、僕は早稲田大学水泳部で過ごした日々を本当に誇りに思います。



それと同時に、ここまで支えてくれた同期、先輩、後輩、スタッフ、OBOGの方々、そして両親への感謝の気持ちでいっぱいです。



社会人になってからも一生早稲田魂を持って生活していこうと思います。





{FD65FD38-CF63-4920-8BB4-440368F56929}


これは水球の同期を含めての一枚。
同期の写真の中で一番好きな写真です。


4年間ありがとうございました。


PRIDE
AD

HSS

テーマ:
H:ほんとに
S:さいごの
S:さいしゅうび

こんにちは!

4年マネージャーのOかです。

本日は合宿最終日、そして4年生にとって本当に最後の合宿日でした。

今日はメイン練習を行い、静岡が地元で4年生のHるみが声出しをして盛り上げてくれました!!

天気にもめぐまれ、集中力の高い良い練習ができたと思います!

そして、最終日ともあって記念撮影で良い写真がたくさん撮れていました。
ごくごく一部ですがWUSTの活き活きとした顔ぶれをみなさんに見てほしいと思います!!


若さあふれる一年生たち。


統一感があるようでないような二年生のポーズ


これはどこかで見たことあるような恒例!?のポーズの三年生



いい感じの4年生!


これはいい写真。


最後に女子マネ4人のきらきら写真!!
すみません。

みんなの表情から伺える通り、最終日にふさわしい雰囲気の中、合宿を締めくくることができました。
これもプールを貸していただいた、HN高校水泳部のみなさん、K旅館の方々、保護者の皆さま、中心となって合宿を組み立ててくれた4マネのSうし、日頃から応援して下さっているOBOG、それ以外のみなさんのおかげです。
本当にありがとうございました。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

さてここからは誠に勝手ながら、私にとって最後のいにしゃるとーくの場を借りて感謝の想いを伝えたいと思います。
湿っぽいのは苦手なので、少しだけ湿らせます。
私に関わった誰かが見てくれればいいなという気持ちで書かせて頂きます。
しばし、お付き合い下さい。


実は私は今シーズン、チーフマネージャーの任に就いていました。
当初、チーフという役職を重く感じ、自らチーフを名乗ることにもとても抵抗がありました。
恥ずかしながら自信がなかったわけです。

ですが私の周りには優秀な仲間がいました。
これには自信があります。
1人ひとり自慢したいくらいのマネージャー陣に恵まれました。
最初にありがとうを言います。
彼らへの気持ちは最後までとっておくことにします。


高校生まで、自分のために泳ぎ、自分のために楽しいことだけを行い、自由勝手に過ごしていました。
そんな気まぐれな私が、「選手のため、チームのため」に働くマネージャーになるとは私も思っていませんでした。
マネージャーってなんだろうとずっと思っていました。
この疑問の答えを多くの視点から教えて下さったのが偉大な先輩方と監督、スタッフです。
数多くのご指導、支え、ありがとうございました。


WUSTには世界を舞台に活躍する選手を筆頭に高い泳力と才能、努力を身に付けている選手がたくさんいます。
多くの感動をもらいました。本当に誇りです。心から尊敬しています。
先輩も同期も後輩もすべての選手に関われたことが私の自慢です。
ここにいさせてくれてありがとうございました。
最後まで一緒に戦わせて下さい。


また、なによりも両親に感謝しています。


多くの人の顔が浮かび、きりがないことに気が付きます。
恥ずかしさもあるので、ここまでにしようかなと思います。

合宿を終え、ようやく残りが少ないことに実感が湧いてきました。

笑って終われるように
マネージャーします!!!!!

最後までよろしくありがとう!!


PRIDE

AD