April 26, 2005

安野光雅の絵本

テーマ:絵本
この人の絵は、絵本や装丁などで、いちどは見たことがあるのでは?
ふしぎなえ   あいうえおの本   旅の絵本 などが、代表的な作品です。
外国の工芸品みたいな絵を描く人で、ときにはエッシャーのようなだまし絵を描いたり、淡いタッチの水彩画を描いたり、切り絵も相当の腕前。でもどんなタッチでもぱっと見でこのひとの作品ってわかります。
遊び心が感じられて、ほほえましくなる作品が多く、私の中で「かわいい視点」をもっている巨匠のひとり。かわいい視点はきっと人生を豊かにするので、あやかりたいものです…

4歳からのファンなので、あまり有名ではない名作を紹介してみようかと思います。
著者: 安野 光雅
タイトル: かげぼうし
絵本と切り絵、両方たのしめるのでおすすめ
著者: 岸田 衿子, 安野 光雅
タイトル: ソナチネの木
美しい詩のイメージがみごとに反映された装丁。ほんといい仕事してます…


AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
December 05, 2004

クリスマスの絵本

テーマ:絵本
計画通り、今日は池袋のイルムスに行ったのですが…
クリスマスのオーナメントはたくさんありすぎて、やっぱりツリーをかざるような広い部屋に暮らすまでは、やめとこうかな、という気になりました。
イルムス2Fのギャラリーでは、絵本展をやっていて、なつかしい絵本がたくさんありました。絵本はちょくちょく買ってしまいます。大好きな安野光雅、レオ・レオニの絵本は、ちょっとずつ増やしています。他にも絵が気に入った外国の絵本(邦題がまたかわいらしいこと多し)とか、むかし家にあったものを買いなおすことも多いです。
リブロでもクリスマス絵本コーナーがあって、ほしくなったのが3冊ほどありました。


著者: 佐々木 たづ, 三好 碩也
タイトル: 子うさぎましろのお話
これは小さいころ家にあった絵本です。色鉛筆のイラストがかわいい。



著者: ディック=ブルーナ, ふなざき やすこ
タイトル: クリスマスって なあに
これはブルーナのイラストでクリスマスのなりたちがわかる絵本。



著者: ルイーズ=ファチオ, まえだ みえこ, かきもと こうぞう
タイトル: サンタおじさんのいねむり
いねむりしてしまうサンタさんにかわって、動物たちがプレゼントをくばってあげる、というおはなし。のんきなサンタさんが絵本らしい。これも絵がかわいいのですが、Amazonでは載っていなくて残念。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。