【騙されるな! ロックを聴いていれば全てお見通し】

「Won't Get Fooled Again」  原災はROCKの凄さを信じて、もう騙されない!

原災関係に気をもみ、いまこそROCKの凄さを信じて意見します。

NEW !
テーマ:
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ








Tyrannosaurus Rex-By the light of a magical moon

Beard of Stars/Tyrannosaurus Rex


T. Rex(T・レックス)ですが、正式には70年に改名前のティラノザウルス・レックスの「By the light of a magical moon」で、アルバムはティラノザウルス・レックスとしては最後の70年『A Beard Of Stars:ベアード・オブ・スターズ 』です。

68年デビュー、マーク・ボランを中心するフォークロックから、エレキ・ギターを入れて『ベアード・オブ・スターズ』ですが、サイケからグラムへの変革時期で、UKRockも進化で、音色もフォークロックとサイケぽく良いですね。

この後にメンバーも増え、70年『T.Rex』・『Electric Warrior:電気の武者』で本格グラムロックですが、小生にとっては、70年代前半の中学生の頃は、スージークワトロと同じ頃、人気のあったグラム、ブギロックでもありで最初のハードロックでありと、思い入れもひとしおです。

その起点が『ベアード・オブ・スターズ』にも、フォークからサイケなフォーク、後にグラムへと変化へのとメンバーも変えながら増えながら、音色も豊かになりますが、初期からもっているマーク・ボランの憂いあるメロと独りぼっち的な音楽は、変わらない。

その現れが「By the light of a magical moon」にもありと、寂しさとサイケぽさが絡む絶妙なメロですね。

と云うことでおまけは同アルバムからでまじめにサイケですね。

T. Rex ー Elemental Child





【日々写真日記】
こんにちは

本日は連休がとれたので実家に戻りました。一人身の父の様子見です。
私が子供の頃は、父の趣味はギターで、定年過ぎにアコーディオン、今は80歳過ぎて、大正琴をしております。小さな発表会があるようで楽譜の表紙をPCで作っておりました。越路吹雪のようです。3代にわたり、音楽好きのDNAがあるようで、今娘はジャスティン・ビーバーなりの洋楽に夢中です。

本日も、元気に行き・生きしましょう。



映画ブログもあります。休んでおりますが、ご興味ある方は読んでいただければ幸いです。
【映画 発掘 ieiga2014 】http://ameblo.jp/ieiga2014/



ここも押して↓ くださると、うれしいです。(^∇^)

人気ブログランキングへ





にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

押していただき、感謝です。m(_ _ )m


ペタしてね
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ










AT HOME+SCORPIO’S/ザ・ショッキング・ブルー


ショッキング・ブルーの「California here I come」で、アルバムは69年・2nd『At Home』です。

ボーカルのマリスカ・ヴェレス はこのアルバムから参加で、シングル大ヒットの69年「ヴィーナス、これは日本でもヒットで小学生時の小生もよく覚えている洋楽となりました。

当時は、このバンド、シングルはコンピレで、アルバム曲はアルバム用とビートルズ風(全てではないですが)、サイケデリックにもロックンロールになっていて、マリスカ・ヴェレスのボーカルが効きます。

メロは憂いありのマイナー調で、ギターも歪が効いていて、シンプルなロックでもレベル高で、オランダのバンドでも、 これも好みです。

日本でも大人気だったとの記憶ですが、オランダ出の理由もあり、日本にはフレンドリーでない報道がなされてない時期もあったようですが、戦後20数年も経たない頃ですので、昔はインドネシアをめぐり、オランダと敵対していた歴史ありですね…

ショービジネスは受ければ人が入れば、そしてレコードが売れれば、それが一番ですので、いろいろあったと思いますが、日本公演はしてますね。

で、アルバム『At Home』は、初期ショッキング・ブルーでも、センスありで、楽曲はPOP系にあった外部コンポーザーかなと思ったら、ギター担当のロビー・ファン・レーベンが創っているのですね。

自分達の曲にマリスカ・ヴェレスの生い立ちからくる歌声が合わさり、彼らのロックとの思いです。

と云うことでこのアルバムも素晴らしのでおまけは悩みましたがマリスカがボーカルがキメてくれる曲で

Shocking Blue - Love Machine







【日々写真日記】
お早うございます。
白木蓮(ハクモクレン)が咲きはじめています。寒い時もありますが、早春です。
本日も、元気に行き・生きしましょう。




映画ブログもあります。休んでおりますが、ご興味ある方は読んでいただければ幸いです。
【映画 発掘 ieiga2014 】http://ameblo.jp/ieiga2014/



ここも押して↓ くださると、うれしいです。(^∇^)

人気ブログランキングへ





にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

押していただき、感謝です。m(_ _ )m


ペタしてね
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
うん~合っている!!
 
▼私を構成する成分は・・・
 
 
\あなたはなにでできている!?/
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ









GOODBYE & HELLO/TIM BUCKLEY


天使の歌声のジェフ・バックリィのお父さんのティム・バックリィの「Phantasmagoria in Two」で、アルバムは67年・2nd『Goodbye and Hello』です。素晴らしい名盤ですね。

悲しいかな、この親子、早死が共通…父・ティム・バックリィ、ドラック禍28歳、息子ジェフ・バックリィは水死30歳で亡くなっていますね。

どちらも今になっては天才も共通するところかもですね。ジェフ・バックリィの声・唄を聴いた時は、震えましたので天使の歌声は大いに納得でしたね。

【ジェフ・バックリィ】

そして父ティム・バックリィも素晴らしセンス・才能の持ち主のようで、60年代アメリカン・ロックが真のカウンターカルチャーである頃、サイケもありでフォークロックで革新的な曲調にも挑戦するシンガソングライターでしたね。

アコギでするのですから、大したモノですね。小生的には、ボブ・ディランよりは、聴きやすいのが本音かもです。

当時はドアーズ、バーズ、ジェファーソン・エアープレイン、CSN&Yがいて、そこをソロで対抗できる音色・曲があるのがティム・バックリィとの思いです。そして根本がメランコリー・翳り憂いあリのメロで、トラディショナル・ソングもありで良いですね。

『Goodbye and Hello』を久しぶりに聴いて感涙でした。

初めて知ったのはジョン・ヴォイト/ジェーン・フォンダ主演映画79年『帰郷』で挿入歌、このアルバムの「Once I Was」でした。

80年代になって4ADのプロジェクト、ディス・モータル・コイルがアルバムは違いますが「Song to the Siren」とこのアルバム「Morning Glory」をカバーしてますので、センスのある方はお判りのようで。

「Morning Glory」は他のミュージシャン、ブラッド・スウェット・アンド・ティアーズ、フェアポート・コンヴェンション等もカバーしているようで、美しいメロがティム・バックリィのキモですね。

と云うことでおまけは、このアルバムも捨て曲なし名盤でものすごく悩みましたがカバーされた曲で。

Tim Buckley -Morning Glory





【日々写真日記】
お早うございます。
黄色のチューリップですが、ストロングゴールドは品種名のようで、何故と思いまししたが豪華な花名ですね。

本日も、元気に行き・生きしましょう。





映画ブログもあります。休んでおりますが、ご興味ある方は読んでいただければ幸いです。
【映画 発掘 ieiga2014 】http://ameblo.jp/ieiga2014/



ここも押して↓ くださると、うれしいです。(^∇^)

人気ブログランキングへ





にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

押していただき、感謝です。m(_ _ )m


ペタしてね
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ









Treasure/Cocteau Twins


コクトー・ツインズの「Lorelei:ローレライ」で、アルバムは4ADの84年『Treasure』ですね。

コクトー・ツインズも上げていると思ってら上げてない、コクトー・ツインズは英国のインディー系のレコードレーベル・4ADからの出ですが、当時はニュー・ウェーヴとは少し違い、アートなカンジもあるバンドでした。スリーピースバンドよりはユニットにちかいと思いますが。

80年代、FM東京のトランスミッションバリケードなるラジオ番組あったのですが、 ここでも4ADのミュージシャンはかかり、ヒットチューンとは別のところ、4AD系が好み・相性が良いと知る事ができたと思っています。盛んにエア・チェック(死語)して、ミュージシャンを覚えたモノです。

80年代、創始の頃の4ADモノは、少し静かロックPOPもありですが、テクノPOPに、アバンギャルドのアート系と、その頃夢中になるアンビエント系とロック物とジョイント合わさり、コクトー・ツインズ、デッド・カン・ダンス、初期バウハウス、ラッシュ、ザ・ザ等他のテクノPOP系とニュー・ウェーヴから派生した、いろいろな音色・バンドいて、聴くことができましたね。後にはアメリカ・インディーズも加わりました。

ここらへんも聴いていたので、ストーンズローゼスは革新でなく、親和との思いがあったかもです。

で、このコクトー・ツインズは女性ボーカルのエリザベス・フレイザーのボーカルが幻想的(ドリームPOPと言うのですね・笑)が魅力で、4ADの当時のプロジェクト・アルバム、ディス・モータル・コイルのティム・バックリィの 「Song to the Siren」 のカバーは素晴らしいモノでした。コクトーのセンス賜物で、レベル高でしたね。

このアルバム『Treasure』もメンバーが整い、コクトーの音色、幻想的なアンビエントなPOPになっていると思います。昔で言うサイケデリック、アート・ロックは、シンセ・テクノが合わさり、80年代に入り、幻想的なPOPミュージックになったとの思いです。

と云うことでおまけはアルバムに入ってませんがインディーズのヒットで

Cocteau Twins - Aikea-Guinea






【日々写真日記】
お早うございます。
お台場側でなく、東側からの撮影です。今のゴジラでなく、平成ゴジラが上陸するところでしたね。

本日も、元気に行き・生きしましょう。




映画ブログもあります。休んでおりますが、ご興味ある方は読んでいただければ幸いです。
【映画 発掘 ieiga2014 】http://ameblo.jp/ieiga2014/



ここも押して↓ くださると、うれしいです。(^∇^)

人気ブログランキングへ





にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

押していただき、感謝です。m(_ _ )m


ペタしてね
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ









Short Stories/Jon & Vangelis


ジョン・アンド・ヴァンゲリスの「I Hear You Now」で、アルバムは79年『 Short Stories:ショート・ストーリーズ』です。

元イエスのジョン・アンダーソンとシンセ・コンポーザーのヴァンゲリスが70年代末から80年代にかけてユニットを組んでいて、そこそこ英国でもヒットがあった時期がありましたね。

ジョン・アンダーソンは80年代イエスに復活する前ですね。

ヴァンゲリスはソロが出て、これが電子音楽、アメリカ・日本協力のTV番組・宇宙ドキュメント80年『コスモス』に、70年代のソロアルバム・75年『天国と地獄 』が使われて、これが日本では認知に貢献だったと思います。

80年代に入り、映画82年『炎のランナー』、小生の世代ではSF映画として絶対必修・マスト・これを観てない方は映画ファンに非ずとされる82年『ブレードランナー』のサントラで、これで大きくブレイクで世界的なアーティストになりました。

小生も電子音楽、前衛音楽にも興味を持ち、ロック系ではYMOの活躍もありで、70年代末から80年代にかけて、この手の音楽にも注目でした。

ジョン・アンダーソンの声が苦手な小生ですので、なんで当時はイギリスでない電子音楽作曲家のヴァンゲリスがいっしょに演るのとの疑問もありましたが…

そもそもヴァンゲリスもアフロディテス・チャイルドなるプログレバンドをしていたお方、実際は70年代イエスのリック・ウェイクマンの後釜にヴァンゲリスにする話もあったようですが、入らじずソロ主体で名作が生まれたワケなんですね。

で、ジョン・アンド・ヴァンゲリスの「I Hear You Now」はファニーなカンジで、ヴァンゲリスぽさのあるメロになっていて、彼らの音楽と直ぐに判ります。

まあボーカルはジョン・アンダーソンですから、なおさらです。PVはワケワケ判らんですが、POPを意識したボーカル付き電子音楽の為でしょうか。

と云うことでおまけはユニットを組む前、ヴァンゲリスのソロ75年『天国と地獄』にボーカルで参加ジョン・アンダーソンで、少し苦手感が減少です。

Vangelis - So Long Ago, So Clear





【日々写真日記】
お早うございます。
近所にオブジェが多いのですが、モノリス風があるとは気がつかなかったです。触ると進化するなら、お猿さん同様、武器を使い、宇宙船に乗れるかもですね(笑)

本日も、元気に行き・生きしましょう。





映画ブログもあります。休んでおりますが、ご興味ある方は読んでいただければ幸いです。
【映画 発掘 ieiga2014 】http://ameblo.jp/ieiga2014/



ここも押して↓ くださると、うれしいです。(^∇^)

人気ブログランキングへ





にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

押していただき、感謝です。m(_ _ )m


ペタしてね
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ









Stone Roses: 20th Anniversary Remastered Edition/Stone Roses


 やっとストーン・ローゼズ、ブログして6年目になるけど、最初は日本のいい加減な原災対応に怒りから、ロック引用して私見ありで始めたブログだけど、この頃は音楽紹介が多いけど…

二世代若い方(30代半ば若い方)にブリティッシュ・ロックファンなら、何故、ストーン・ローゼズを上げないのと問われた事がありますが、それは、タイミングの問題と…問われてから3年ぐらかかってる。音楽を消化するのに時間もかかるモノもありますね。


曲は「I Wanna Be Adored」で、2枚しかないアルバムのウルトラレベルの評価高の1st89年『The Stone Roses :石と薔薇』ですね。

60年・70年・80年代とブリティッシュ・ロックを後追い・オンタイムと聴いてきたけど、特に10代・70年代はハード・プログレ・パンク・レゲエ等にこれにグラムやアートロックも入れたら、千差万別いろいろな音色があったワケで、ここに革新を起すのが、小粒でミーハー感もありますが、多くのバンドが出たのがニュー・ウェーヴだったと思いますが…

でも80年代末以降はUKRockお得意の革新性が、一段低くみていた(好きなバンドは多くいますが)アメリカン・ロックに在ったと、ニルヴァーナとレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンは初聴きの時に「これって!! 何???」の驚きがありました。

それは80年代末以降のブリティッシュ・ロックには、感じられず、耳さわりのUKRock【POPよりなロック】で、違和感なしは驚きもなし、あえて言えばノスタルジー。

それとウォール・オブ・サウンドのPOPロック版で、これがオアシス・ブラー・そして一番最初にストーン・ローゼズと気がつきます。

音が密なのが、音色が豊か・曲風バリエーションあるとは?聴くだけ専門の小生には、未だに判らない。

ポリスみたいにソリッドなシンプルなロックでも、音色は豊かにロックしていましたし、ウォール・オブ・サウンドに任せると豪華なロックのように聴こえるますが、そこはホテル・カルフォルニアでないけど、スピリットを無くすリスクもありで、ストーン・ローゼズは服・格好をみるとそれなりのロックの主張もありのようですが、詞も読まないと…これがまだまだ分析不足かもです。

で、確かめるのは4月のストーン・ローゼズ日本公演のチャンスがありますね。ポールのチケットをまだ購入していないのに、ほんと今の日本は海外ミュージシャンのコンサートが凄いことになってますね。

と云うことで久しぶりに講釈をたれましたが同アルバムは捨て曲なしは、よう判ります。好みと思った曲で

The Stone Roses - This Is the One






【日々写真日記】
お早うございます。
日曜日表参道にお出かけ際、コーヒーブレイクしたく、茶店を探すが見つからず、ニール・ヤングをリスペクトして、脱スタバなのに入ってしまいました。それにシナモンロールまでつけて、食べ終えてから、少し後ろめたさ、でも甘党ですので、久しぶりシナモンロールとカプチーノは極旨でした。意志薄弱!

そもそもなんでニール・ヤング御大が脱スタバなのかは、http://www.cinra.net/review/20141128-neilyoung

本日も、元気に行き・生きしましょう。





映画ブログもあります。休んでおりますが、ご興味ある方は読んでいただければ幸いです。
【映画 発掘 ieiga2014 】http://ameblo.jp/ieiga2014/



ここも押して↓ くださると、うれしいです。(^∇^)

人気ブログランキングへ





にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

押していただき、感謝です。m(_ _ )m


ペタしてね



いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ










Reality Effect (Reis)/Tourists


ザ・ツーリスト(グーグルはザ・ツーリスツですが、日本ではツーリストでしたね)の「So Good To Be Back Home Again」で、アルバムは79年2nd『Reality Effect』です。

ユーリズミックスの前進バンド時代・ツーリストの曲ですが、日本でもマイナーながら、ブロディやプリテンダーズと同じ頃、70年代末にアルバムが出てました。

ベイ・シティ・ローラーズのカバーしたダスティ・スプリングフィールドの代表曲「I Only Want To Be With You:二人だけのデート」をツーリストもカバー、そこそこ英国でヒットだったようですが、そもそもベイ・シティ・ローラーズの大ヒットを含め、いろいろな方がカバーしてますので、印象は薄かったです。

ブロディやプリテンダーズは、この頃かなり人気もありましたから、比較には、ならないと思いますが…

それより、アニー・レノックスとデイヴ・スチュワートが恋仲の頃のツーリストは、もろPOPロックで、チープなカンジながら、ノリはいいし、ユーリズミックスを明るめライトにしたようなカンジですね。

これが在ってのクールで憂いもありのメロ、ニュー・ウェーヴのテクノPOP・シンセPOPのユーリズミックスがあるのですね。

と云うことでおまけは1stから、こちらはコニー・プランクがプロデューサーのようで、正にニュー・ウェーヴ。大ブレイクする方々は、仕込みはしっかりとやってますね。

The Tourists - Blind Among The Flowers





【日々写真日記】
お早うございます。
昨日も風が強く寒かったですね。体感温度が零度ちかいのは納得でした。

本日も、元気に行き・生きしましょう。



映画ブログもあります。休んでおりますが、ご興味ある方は読んでいただければ幸いです。
【映画 発掘 ieiga2014 】http://ameblo.jp/ieiga2014/



ここも押して↓ くださると、うれしいです。(^∇^)

人気ブログランキングへ





にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

押していただき、感謝です。m(_ _ )m


ペタしてね



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ










Der Kommissar/After the Fire


ディスコチックですが、アフター・ザ・ファイアの「Der Kommissar:秘密警察」で、アルバムは82年『Der Kommissar』です。

「秘密警察」はシンセ・テクノPOPでのダンスミュージックでは80年代前半を代表するような曲と思いますが、ボーカルの前サビのインパクトでよう覚えておりますが、でも、これカバー(笑)

ディスコではアフター・ザ・ファイアで覚えましたね。こちらの方が有名かもですが、国別で違いがあるかもですが詳細については、自信なし。

で、アフター・ザ・ファイアは英国のロックバンドで、70年代からプログレ・ニュー・ウェーヴで活動だったようですが、売れてしまったのが、85年「ロック・ミー・アマデウス」の大ヒットで英語圏外でテクノでラップをした、オーストリアのファルコの初期ヒット曲・82年「Der Kommissar」のカバーでした。

ファルコの元歌はヨーロッパでヒットで、アフター・ザ・ファイアはアメリカでヒットだったようで、アメリカのヒットが日本も伝わり、ディスコでもよくかかったワケですね。

アフター・ザ・ファイアの方は一発屋のようで、80年代中頃に解散だったようです。

しかし、この曲、耳タコになっている! 80年代テクノヒット曲を聴いていて、ブログ記事UPしていない事に気がつきました。ほんと尽きないニュー・ウェーヴです。 

それで、ファルコの方も80年代のアルバムを含めて聴くとファニーなカンジながら、流石が音楽の国のテクノ、ダンスミュージックでも曲風・音色も豊かでひねりありで良いですね。

と云うことでファルコの方も上げたいのですが、今回は初期のアフター・ザ・ファイアの曲で素直にニュー・ウェーヴです。

After The Fire-Laser Love







【日々写真日記】
お早うございます。
昨日は春2番?の風、一番よりも強かったですね。皆さん、歩くのに難儀でした。
 
日曜日に表参道に行きましたが、小生にとっては外国のような、異邦人状態に、東京はほんと多面体ですね。
本日も、元気に行き・生きしましょう。




映画ブログもあります。休んでおりますが、ご興味ある方は読んでいただければ幸いです。
【映画 発掘 ieiga2014 】http://ameblo.jp/ieiga2014/



ここも押して↓ くださると、うれしいです。(^∇^)

人気ブログランキングへ





にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

押していただき、感謝です。m(_ _ )m


ペタしてね



いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。