1 | 2 | 3 | 4 | 5 |oldest Next >>

Love and Peace

Sun, February 05, 2012 11:20:12 Theme: St. Martin/St. Maart
ボブはRobertのニックネームです。

リズはElizabethのニックネームです。

2月6日、

明日は、

ボブマーリーの誕生日であり、

エリザベス女王の即位60年であります。



先月1泊だけしたカリブ海のAntigua and Babuda。

エリザベス女王はこの島の女王でもあります。

1泊だけだったのでDINNERも1回。

その1回のDINNERは、

真夜中のPope head street。

治安の悪そうなエリアにある、

殺風景な弁当屋みたいなお店でピザを1枚だけ。

しかもこのお店は中東系のスタッフとお客さんだらけで、

誰も笑ってない。

あとで聞いた話ですが、

シリア人が経営しているシリア料理のお店だったらしいのです。



今朝、携帯に、

NY Timesからお知らせが届いていました。

China, Russia, Veto

って単語があったんで、

中国とロシアは拒否したんだとわかりました。



国連の会議が日本時間の夜中にあったので、

どうなるか、

シリアは平和に向かうのか、

気にしてはいたのですが。



反政府デモに対する、

容赦ない武力弾圧、

シリア政府が国民を虐殺している現状、

シリアで助けを求めている人が大勢いるはずです。



シリア国民に笑顔を!



セントマーチン島の写真をもう少しだけupさせていただきますね。




最終日の日の出、

ムチャクチャいきれいだったなぁ。
セントマーチン グアバベリー ラムリキュール学園



世界最大級22万トンの超巨大客船がセントマーチン島に寄港してました。
セントマーチン グアバベリー ラムリキュール学園


グアバベリーエンポーリアムにはかわいらしい商品がたくさん並んでいます。
セントマーチン グアバベリー ラムリキュール学園

セントマーチン グアバベリー ラムリキュール学園

セントマーチン グアバベリー ラムリキュール学園

セントマーチン グアバベリー ラムリキュール学園

セントマーチン グアバベリー ラムリキュール学園

現地へ行く機会がありましたら、

ぜひ立ち寄ってたくさん買い物してくださいね。


お世話になった家は、とても素敵な空間でした。

セントマーチン グアバベリー ラムリキュール学園

セントマーチン グアバベリー ラムリキュール学園

セントマーチン グアバベリー ラムリキュール学園

セントマーチン グアバベリー ラムリキュール学園

セントマーチン グアバベリー ラムリキュール学園

庭から見た景色。

セントマーチン グアバベリー ラムリキュール学園

セントマーチン グアバベリー ラムリキュール学園

建物がひとつ見えるかと思いますが、

ここに泊めていただいていました。
セントマーチン グアバベリー ラムリキュール学園



そして島を離れる時が・・・



空港滑走路脇にもグアバベリーのサインがあります。
セントマーチン グアバベリー ラムリキュール学園


ユナイテッド航空
ニューアーク空港行きゲート
セントマーチン グアバベリー ラムリキュール学園


マホビーチで、ジェット噴射を食らいたがっている観光客がずらりと。
セントマーチン グアバベリー ラムリキュール学園

そして、

Take off!
セントマーチン グアバベリー ラムリキュール学園

セントマーチン グアバベリー ラムリキュール学園

セントマーチン グアバベリー ラムリキュール学園

セントマーチン グアバベリー ラムリキュール学園

セントマーチン グアバベリー ラムリキュール学園

セントマーチン グアバベリー ラムリキュール学園

バイバイ、セントマーチン島。



セントマーチン島はこんな形をしています。

セントマーチン グアバベリー ラムリキュール学園

ほら!

セントマーチン グアバベリー ラムリキュール学園


こうやってみると小さな島ですよね。






ぼくは、

日本のお酒業界で、

このグアバベリーというお酒の大切なメッセージを届け、

セントマーチン島やカリブ海について、

多くの方に知っていただき、

関わっていただける全ての方が笑顔になっていただきたいし、

Love and Peaceを運んでいけるように、

もっともっと努力していきます。




幸せを感じる、

ほっこりした瞬間に、

ぜひ、

グアバベリーを!




AD
いいね!した人  |  Comments(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>

Philipsburg, St. Maarten

Sat, February 04, 2012 16:40:10 Theme: St. Martin/St. Maart

『みんなで決めよう原発国民投票』


大阪は署名が集まったそうですね。


東京は22万の署名が必要で、


各区ごとに受任者がいてそれぞれ集めなければならないのです。


お世話になっている恵比寿のBARで、


お店とお客さんが積極的に取り組んでいまして、


このお店へ行くと住民投票の話題が多いです。


昨日の夕刊によると、


17万の署名が集まっているそうなので、


もうちょいです!


締切は2月9日です!





セントマーチン島は水力発電だそうです。


ダッチサイドの首都フィリップスバーグ。


セントマーチン グアバベリー ラムリキュール学園


丘の上からの景色。


クルーズ船の手前にある貨物船。


日本で飲まれているグアバベリーは、


まさにこの港を出発します。


セントマーチン グアバベリー ラムリキュール学園


フィリップスバーグには、


大きく分けて3本の道があります。


『フロントストリート』


『バックストリート』


『ボードウォーク』




まずはフロントストリート。


グアバベリーエンポーリアム

セントマーチン グアバベリー ラムリキュール学園

フロントストリートはお店が並ぶとても賑やかなところです。


セントマーチン グアバベリー ラムリキュール学園

セントマーチン グアバベリー ラムリキュール学園


カリブのバーって感じですよね。

セントマーチン グアバベリー ラムリキュール学園

グレートベイといって、フロントストリートと並行してビーチがあります。


セントマーチン グアバベリー ラムリキュール学園


『グアバベリーを日本に輸入したい!』


と、企画書を持って提案に行った時に滞在していた思い入れのあるホテル。


『ホーランドハウス』です。


フロントストリートとビーチに挟まれたきれいなホテルです。


セントマーチン グアバベリー ラムリキュール学園


路地にもお店が。

セントマーチン グアバベリー ラムリキュール学園


中心にあるコートハウス

セントマーチン グアバベリー ラムリキュール学園


これ、ほとんどがクルーズ船からの観光客です。

セントマーチン グアバベリー ラムリキュール学園

どんどん賑わってきます。


セントマーチン グアバベリー ラムリキュール学園

セントマーチン グアバベリー ラムリキュール学園

セントマーチン グアバベリー ラムリキュール学園


これが、ビーチ沿いのボードウォーク。


セントマーチン グアバベリー ラムリキュール学園


セントマーチン グアバベリー ラムリキュール学園


こんな教会もボードウォークにあります。

セントマーチン グアバベリー ラムリキュール学園


ボードウォークから見たコートハウス。

セントマーチン グアバベリー ラムリキュール学園


セントマーチン島はこんな形をしています。

セントマーチン グアバベリー ラムリキュール学園


セントマーチン グアバベリー ラムリキュール学園

観光客と一発でわかる乗り物。


セントマーチン グアバベリー ラムリキュール学園


この小型船で大きなクルーズ船とフィリップスバーグの中心地をピストンしています。

セントマーチン グアバベリー ラムリキュール学園


リゾートですね。

セントマーチン グアバベリー ラムリキュール学園


セントマーチン グアバベリー ラムリキュール学園


バックストリート。


観光客はなぜか少ない。

セントマーチン グアバベリー ラムリキュール学園


フロントストリートとバックストリートを結ぶ『Old Street』


セントマーチン グアバベリー ラムリキュール学園


短い小道ですが人口密度高いです。

セントマーチン グアバベリー ラムリキュール学園



セントマーチン グアバベリー ラムリキュール学園

セントマーチン グアバベリー ラムリキュール学園

セントマーチン グアバベリー ラムリキュール学園

港近くのチェスターフィールドというレストラン。


セントマーチン グアバベリー ラムリキュール学園


ここのエッグベネディクトがムチャクチャおいしく、


2日連チャンで食べちゃいました。


セントマーチン グアバベリー ラムリキュール学園

チェスターフィールドからの景色。


セントマーチン グアバベリー ラムリキュール学園



以前赤い色していたグアバベリー本社は緑になりました。


セントマーチン グアバベリー ラムリキュール学園



フィリップスバーグは歩いてるだけで楽しくなります。



この島の人たちは、


原子力発電といってもピンとこないんじゃないかなぁ。








AD
いいね!した人  |  Comments(0)  |  リブログ(0)

French Side, St. Martin

Fri, February 03, 2012 16:16:25 Theme: St. Martin/St. Maart

2月3日、節分ですね。


季節を分ける日。


明日が立春。


寒さの頂上。


暦の上では、明後日から春ってことですよね。


立春から、最高気温の合計が540℃に達した頃に桜が開花すると聞いた事があります。




真冬絶頂な時に、


カリブの続きを失礼します。


セントマーチン グアバベリー ラムリキュール学園


セントマーチン島のダッチサイドよりフレンチサイドへ行くルートはいくつかあるのですが、


その中のひとつ、オイスターポンド。


国境です。


これだけです。


こっからフランス。


セントマーチン グアバベリー ラムリキュール学園


何が変わるかというと、


なんか空気が変わります。


セントマーチン グアバベリー ラムリキュール学園


ビーチは洗練されている気がします。

セントマーチン グアバベリー ラムリキュール学園

のんびりした感じです。

セントマーチン グアバベリー ラムリキュール学園

ロマンチックです。

セントマーチン グアバベリー ラムリキュール学園


オリエントビーチも人気のスポットでして、


このすぐ隣はヌードビーチ。


『全部脱がなきゃ入れないよ』


という看板がありました。

セントマーチン グアバベリー ラムリキュール学園


フレンチサイドにも、もちろんグアバベリー。


セントマーチン グアバベリー ラムリキュール学園

島の東側をドライブして、中央を走ってダッチサイドへ戻ってきました。


夕日がきれいでした。

セントマーチン グアバベリー ラムリキュール学園


大きな豪華客船が寄港するのはダッチサイドです。


この日は合計6隻来島していました。


島の人口はダッチとフレンチそれぞれ4万人ぐらいずつです。


クルーズ客船は大きいもので約5000人の乗客がいます。


なので、


一日に3万人が島を訪れることになります。


セントマーチン グアバベリー ラムリキュール学園

ディズニーの船も来ていました。

セントマーチン グアバベリー ラムリキュール学園


で、


昨年、


この港にもお店をオープン。

セントマーチン グアバベリー ラムリキュール学園


出港を待つ船です。

セントマーチン グアバベリー ラムリキュール学園


そしてこの日の夜に、


再度フレンチサイドへ夕食ツアー。


火曜日だったのですが、


Mardi Grand Case(マーディ グラン カズ)


という地元イベントがあったんです。


Grand Caseとはフレンチサイドの小さな町で、


本格フレンチレストランが立ち並ぶグルメスポットです。


フェスティバル的なパレードあり。

セントマーチン グアバベリー ラムリキュール学園

カリビアン!


セントマーチン グアバベリー ラムリキュール学園

みんな楽しそうでした。

セントマーチン グアバベリー ラムリキュール学園

この日は高級レストランでなく、


クレオール料理をいただきました。


セントマーチン グアバベリー ラムリキュール学園


不思議な事に、


1ユーロ=1USドル。

セントマーチン グアバベリー ラムリキュール学園


『T. Punch』(ティポンシュ)をいただきました。


フレンチラム+ライム+砂糖


セントマーチン グアバベリー ラムリキュール学園


あと、なんだかわからないのですが、


↓このクレオール料理がムチャクチャおいしかったです。


セントマーチン グアバベリー ラムリキュール学園


グランカズにもグアバベリーコラーダ!


セントマーチン グアバベリー ラムリキュール学園

とにかく人が多かったです。


セントマーチン グアバベリー ラムリキュール学園



2~3時間滞在のフランス旅行って感じですかね。





セントマーチン島は資源がなく、


ほぼ全てのものは輸入に頼っている貿易赤字国。





ダッチサイドのスーパーにはアメリカからの輸入品が多いのですが、


フレンチサイドのファーマシー(ドラッグストア)にはフランス語で書かれた商品が並んでいました。


ダッチサイドはUSDが普通に使えるのですが、


フレンチサイドは基本ユーロです。


なので比べると少し物価は高めです。





小さな島なのに、


オランダ、フランス、アメリカ、


大きくいえば、


ヨーロッパ文化とカリブ文化、


いろんなものが詰まっていて、


魅力満載です。




オランダもいいけどフランスもいいね、


と、


それぞれの島民が普通にそう感じていることでしょう。




自分も楽しいけど、あなたも楽しいでしょ。


的な感じで、


かなりハッッピーでフレンドリーな幸せになれる島です。




地球と太陽と月、


水と土と火と木、


サトウキビと果実、


そして人がいれば、


なんか毎日笑っていられる気がしてきました。





AD
いいね!した人  |  Comments(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |oldest Next >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。